洗濯お役立ちコラム

布団クリーナーはいらない?無くてもできるダニ退治方法

布団クリーナーはいらない?無くてもできるダニ退治方法.

※本ページにはPRが含まれます。

布団に発生するダニはアレルギーの原因となることから、多くの人が悩んでいる問題でしょう。

布団クリーナーはダニの退治に効果的と言われています。

しかし実は、布団クリーナーが無くてもダニ退治は可能です。

この記事では、布団クリーナーの役割や機能を解説し、布団クリーナーを使わないダニ対策などについて書いてきます。

布団クリーナーを買うべきなのかいらないのか、悩んでいる方はぜひチェックしてみてくださいね。

また、ダニ予防に効果的な宅配クリーニングも厳選してご紹介します。

布団の宅配クリーニングに興味がある方も必見です!

【この記事で分かること】

  • 布団クリーナーの種類・選び方
  • 布団クリーナーのメリット・デメリット
  • 布団クリーナーでダニを除去する方法
  • 布団クリーナーがいらないダニ対策
  • 布団のダニ対策ができる宅配クリーニング

布団クリーナーとは

布団クリーナーには、布団やマットレスの掃除に特化した機能が搭載されています。

吸引力・ヘッドの構造が布団に合わせて作られており、ダニに効く機能がついているため、普通の掃除機よりも効果的にダニ退治が可能です。

また、色々な場所に使う掃除機を布団掃除に使うと、汚れや雑菌が布団についてしまうことも。

布団専用のクリーナーと掃除機を使い分けることで、衛生的にも良いのがメリットです。

また、布団クリーナーは主に2種類あります。

布団クリーナーの種類
  • 布団掃除専用のクリーナー
  • 掃除機兼用のクリーナー

以下でそれぞれ詳しく解説していきます。

布団掃除専用のクリーナー

布団専用のクリーナーは、布団のダニやホコリを効果的に取り除くための機能が豊富に備わっています。

布団を叩きながら吸引する「たたき機能」がついており、布団の中に残っているダニの死骸やフンまで綺麗に吸引できますよ。

また、以下のような機能が搭載されているものもあります。

  • 紫外線ランプ:ダニを弱らせて除菌
  • 温風機能:ダニを死滅させる・布団の湿気を飛ばせる
  • ゴミセンサー:目に見えないゴミなどを検知し光る

ダニ対策に特化し、小さくて使いやすいのが布団専用のクリーナーの特徴です。

掃除機兼用のクリーナー

一方、掃除機兼用の布団クリーナーは、日常の掃除と布団のお手入れの両方に対応した商品です。

通常の掃除機としての機能を持ちつつ、専用のノズルや機能を切り替えることで布団の掃除も可能になっています。

1つで2役を担えるため、家の中のスペースを取りません。

ただし布団表面の汚れしか吸えないので、ダニ退治の効果は薄いのがデメリットです。

布団クリーナーのメリット

布団クリーナーには良い面がたくさんあります。

布団クリーナーを使う主なメリットは4つです。

布団クリーナーのメリット
  • コンパクト
  • 雨でも掃除できる
  • ダニのフン・死骸を吸い取れる
  • 色々な機能がついている

コンパクト

布団クリーナーはコンパクトなデザインが多いのが魅力です。

片手で使えるサイズなので毎日のお手入れがしやすく、収納場所にも困りにくいですよ。

雨でも掃除できる

布団を天日干しもダニ対策には有効ですが、晴れていないと干せません。

しかし布団クリーナーなら、天気に関係なく使えます。

ダニのフン・死骸を吸い取れる

布団クリーナーはダニのフンや死骸を効果的に吸い取れます。

ダニのフンや死骸もアレルギーの原因になりますから、こまめに対策できるのは大きなメリットです。

色々な機能がついている

最新の布団クリーナーには、UV除菌機能や温風機能などのさまざまな付加機能が搭載されています。

ダニ対策はもちろんのこと、なかなか洗えない布団の除菌や湿気飛ばしが可能です。

布団を清潔に保ち、劣化を防ぐことができます。

布団クリーナーのデメリット

一方で、布団クリーナーにもデメリットがあります。

布団クリーナーのデメリット
  • 布団以外には使えない
  • アタッチメントの交換が面倒くさい
  • 布団を傷めやすい
  • 生きたダニの除去が難しい

布団クリーナーの導入を考えていた人でも、使用する環境によって布団クリーナーはいらない場合もあります。

デメリットにも目を通し、自分に必要なものかどうか今一度考えてみましょう!

布団以外には使えない

専用のクリーナーのため、他の場所の掃除には使えません。

布団にしか使えないので、家電を増やしたくない人や置き場所がない場合には向かないでしょう。

掃除機兼用なら部屋の掃除にも使えますよ。

アタッチメントの交換が面倒くさい

2つ目のデメリットは、掃除機兼用の布団クリーナーのアタッチメント交換についてです。

布団の掃除をするたびにヘッドの交換や、パーツの取り外しが必要になります。

日々のお手入れでは、交換が煩わしく感じる方も多いでしょう。

布団を傷めやすい

布団クリーナーには、強力な吸引力や叩き機能がついたものが多いです。

ダニや汚れを効果的に取り除ける反面、布団を傷める原因になることがあります。

生きたダニの除去が難しい

布団クリーナーはダニの死骸やフンは吸引できますが、生きたダニの除去は難しいのが大きなデメリットです。

叩くことで動かない汚れは布団表面に出すことができるのですが、生きたダニは内側に逃げたり、脚で布団にひっついて踏ん張ります。

このため、布団のクリーナーだけでは生きているダニを完全に取り除くことができないのです。

布団クリーナーの選び方

布団クリーナーの選び方布団クリーナーは現在色々なものが販売されています。

購入の際に迷う方も多いため、ここでは選ぶ時のポイントを解説していきますよ。

専用・兼用かで選ぶ

布団専用・掃除機兼用の2種類があるため、自分にとってどちらが使いやすいかを考えてみましょう。

布団掃除専用のクリーナー 掃除機兼用のクリーナー
  • 布団の奥の汚れも取れる
  • ダニに特化した機能が多い
  • 小さくて使いやすい
  • 普通の掃除機として使える
  • 布団専用ヘッドに付け替えられる
  • 場所を取らない

布団専用のクリーナーは、布団の特性に合わせた設計となっています。

一方、掃除機との兼用タイプは家全体の掃除にも利用可能です。

収納場所も考慮して選ぶと良いでしょう。

機能面で選ぶ

布団専用モデルを選ぶ方は、搭載されている機能をチェックしましょう。

温風機能がついたモデルなら、熱に弱いダニを死滅させられます。

UV除菌機能付きのモデルは、細菌の繁殖を防ぐ効果が期待できますよ。

布団クリーナーでどこまでのお手入れがしたいのかが重要です。

性能面で選ぶ

クリーナーの吸引力・重さ・コードの有無・連続して使える時間など、性能面も比べてみてください。

吸引力が強いものはダニやホコリに効果的ですが、布団を傷めやすいです。

また、コンパクトな布団クリーナーが多いものの、思った以上に重量があるものも多いですよ。

重すぎるクリーナーは、日々の手入れで負担になりやすいのがネックです。

使用頻度・掃除する布団の枚数・寝室の状況などを考慮して、一番使いやすいものを選びましょう。

布団クリーナーでダニを除去する方法

布団クリーナーを使ったダニ除去方法を3通りご紹介します。

布団クリーナーでダニを除去する方法
  • 温風機能がついた布団クリーナーを使う
  • 高速たたき機能がついた布団クリーナーを使う
  • 天日干し+布団クリーナー

布団クリーナーだけでは完全な除去は難しい場合は多いものの、ダニの発生を抑制し、できる限り除去することは可能です。

具体的な方法を以下に書いていきます。

温風機能がついた布団クリーナーを使う

ダニは熱に弱く、50℃以上の環境では生きられません。

このため布団クリーナーでダニを駆除したい場合は、温風機能がついたものを使うと良いでしょう。

60℃程度の温風が出せる布団クリーナーであれば、ダニを死滅させられます。

温風機能を使った後は、念入りに吸い取ってくださいね。

高速たたき機能がついた布団クリーナーを使う

高速たたき機能付きの布団クリーナーであれば、ダニを布団の奥から叩き出せるので吸引しやすくなります。

ダニ退治を目的として布団クリーナーを買うなら、たたき回数が多いクリーナーを選ぶと良いでしょう。

天日干し+布団クリーナー

温風や高速たたき機能が無い場合は、クリーナーを使う前に布団を天日干ししてください。

太陽による紫外線の効果でダニを弱らせることが可能です。

よく干した後、布団クリーナーで吸引すると普通に使うよりもダニ除去効果が高くなります。

布団クリーナーがいらないダニ対策

クリーナーを持っていない方や、布団クリーナーよりも効果的なダニ除去がしたい方向けの方法を紹介します。

布団クリーナーがいらないダニ対策
  • 天日干し+コロコロ
  • 布団乾燥機を使う
  • コインランドリーで洗う
  • クリーニングに出す

布団クリーナーはいらないと考えている方も、上記の方法でダニ対策をしましょう!

天日干し+コロコロ

まずは、布団クリーナーを持っていない方向けのダニ対策をご紹介します。

布団を天日干しした後、布団たたきで叩いてダニを表面に出してください。

その後、粘着ローラーで表面をコロコロと転がすことで、天日干しで弱ったダニやフン、ダニの死骸を取り除けます。

ダニを浮かび上がらせるスプレーなども市販されており、併用すると効果的ですよ。

ただし、この方法は布団クリーナーよりもダニ除去効果が低いです。

布団乾燥機を使う

布団乾燥機を使って布団を温めることで、ダニを死滅させられます。

湿気も飛ばせるので、ダニやカビが繁殖しにくい環境を作ることもできますよ。

ダニ退治に特化したモードが搭載されているものもあります。

特化したモードが無い乾燥機なら、ダニが生きられない50℃以上に設定して1時間乾燥させましょう。

その後、コロコロや掃除機を使ってダニの死骸やフンを取り除いてください。

コインランドリーで洗う

丸洗いできる布団なら、コインランドリーで洗うのも効果的です。

大きくてパワーのある洗濯機を使えば、ダニの死骸・フンを洗い流すことが可能ですよ。

また、コインランドリーの乾燥機なら高温になるものが多いためダニを死滅させられます。

布団の洗濯表示を確認し、水洗い・乾燥ができるかをチェックしてくださいね。

クリーニングに出す

ダニ除去に一番効果的なのは、プロによるクリーニングです。

クリーニングなら、水洗いできない布団やデリケートな素材の布団も綺麗に洗ってもらえることもあります。

布団専用のクリーニングなどもあり、防ダニ加工オプションを提供している場合も多いです。

生きたダニの除去はもちろん、布団内部のダニのフン・死骸、ダニの餌になる汗汚れなども綺麗に除去できますよ。

普段は布団クリーナーを使っている人も、定期的にクリーニングに出すことで布団の寿命を伸ばせるのでおすすめです。

布団のダニ対策ができる宅配クリーニング

布団のダニをしっかり落としたいなら、クリーニングがおすすめ。

水洗いしてくれるので、自宅で落とせない汚れも除去可能です。

防ダニ加工もつけられるため、ダニ対策にもピッタリ。

ここでは、防ダニ加工が付けられるクリーニングをまとめました。

布団のダニ対策ができる宅配クリーニング
  • ふとんリネット
  • クリコム
  • クリーニングパンダ

3社とも今注目されている「宅配クリーニング」です。

玄関先まで布団を取りに来てくれるので、手間をかけたくない方にも最適ですよ。

ふとんリネット

ふとんリネット
最低料金 9,680円(税込)~
最短仕上げ日数 最短10日
保管サービス
送料 6,600円以上で無料
パック・単品 どちらも可
再仕上げサービス 無料
対応エリア 全国
発送方法 自宅集荷
支払い方法 クレジットカード・代金引換
防ダニ加工 +1,100円

\初めての方は10%OFF!/
ふとんリネット公式サイトはコチラ

ふとんリネットは、布団や毛布の専門的にクリーニングできるサービスです。

アプリからいつでも注文でき、梱包は専用バッグに布団を入れるだけでOK。

洗う前にタンパク質分解酵素を吹き付けるため、シミ・黄ばみも綺麗に落ちます。

水洗いは合計3回行うため、汗汚れが落ちて布団がふわふわに。

初回注文なら10%OFFになりますよ。

ふとんリネットのクリーニング料金

料金 1枚あたりの料金
布団1枚 9,680円 9,680円
布団2枚 12,980円 6,490円
布団3枚 14,080円 4,694円
布団4枚 16,280円 4,070円
布団5枚以降 3,300円×枚数 3,300円
毛布1枚 3,289円 3,289円

注文枚数が増えるごとに1枚あたりの料金が安くなります。

毛布をクリーニングする場合は、布団2枚以上と一緒に頼むとお得になります。

毛布1枚だけなら3,289円ですが、セットで頼むことで毛布1枚あたり1,650円でクリーニングできますよ。

上記以外にも、シーツや枕カバー、こたつ布団など色々なアイテムを洗えます。

ダニがしっかり落ちる

ふとんリネットでは、3度の丸洗いと布団専用乾燥機・タンブラーでの乾燥を行います。

布団の内側についたダニの死骸やフンも取り除けますよ。

また、+1,100円で防ダニ加工のオプションも付けられます。

1年間ダニの増殖を抑える効果があり、小さなお子様の布団でも安心です。

クリコム

クリコム,評判
クリーニング最低料金 5,412円(税込み)/羽毛布団 ※期間限定価格
最短仕上げ日数 最短1週間
保管サービス
送料  一律1,650円(税込)
※北海道、九州、四国、及び離島地区は3,300円(税込)
パック・単品 単体
再仕上げサービス
対応エリア 全国
発送方法 自宅集荷・コンビニ発送
支払い方法 クレジットカード・代引き決済
防ダニ加工 +2,000円

\今なら羽毛布団40%OFF!/
クリコム公式サイトはコチラ

クリコムは家にあるもので梱包していいので、すぐに発送できますよ。

大きめのゴミ袋に布団を詰めてガムテープで閉じ、集荷依頼をかけるだけでOK。

クリーニングでは銀イオン配合水で洗うため、除菌・消臭効果がつきます。

コナヒョウダニの死亡率100%!

「コナヒョウダニ」は喘息やアトピー性皮膚炎などを悪化させる原因となります。

クリコムのクリーニングは、都立衛生研究所の試験によりコナヒョウダニの死亡率が100%と認定されました。

丸洗い後の加熱乾燥により、ダニを一掃できますよ。

また、+2,000円で防ダニ加工もつけられます。

期間限定で羽毛布団のクリーニングが安い!(※2023年9月現在)

クリコムは布団1枚ずつで注文可能な単品料金制です。

何枚頼んでも割引にはなりませんが、1枚あたりの料金が比較的安いのがメリット。

布団の種類・大きさにより、細かく料金が分かれています。

布団の種類(シングル) 料金
羽毛肌掛布団 3,740円(※現在セールにより2,244円
肌布団 3,740円
羊毛の掛・敷布団 6,820円
綿敷布団 6,820円
羽毛掛布団 9,020円(※現在セールにより5,412円
1枚毛布・綿毛布 1,760円
2枚合わせ毛布 2,750円
真空パック追加 +1,600円

コンパクトに収納したい方は、真空パックに入れてもらうことも可能ですよ。

また、今なら羽毛布団が40%OFFになります!

羽毛布団の大きさ 料金
シングル 9,020円(※現在セールにより5,412円
セミダブル 10,780円(※現在セールにより6,468円
ダブル 12,650円(※現在セールにより7,590円

羽毛布団をお得にクリーニングするチャンスですよ。

ヤマトヤクリーニング

ヤマトヤクリーニング,布団出典:https://yamatoya-itoigawa.com/shop/
最低料金 9,240円~
最短仕上げ日数 最短25営業日
保管サービス 最大10か月
送料 無料(一部有料)
パック・単品 パックのみ
再仕上げサービス 5,500円以上の利用で無料
対応エリア 全国
発送方法 自宅集荷
支払い方法 クレジットカード・代金引換・コンビニ払い
防虫+防カビ+抗菌加工 +990円

\シミ抜き・毛玉取り無料!/
ヤマトヤクリーニング公式サイトはコチラ

ヤマトヤクリーニングは、短納期では受け付けていません。

職人が1点1点手作業で洗ってくれるので、時間がかかる分高品質なのが特徴です。

広大な土地でじっくり自然乾燥してくれるため、布団がふっくら仕上がります。

防虫・防カビ・抗菌加工の3セットが+990円で付けられるのも魅力です。

布団クリーニングは選べる4種類

丸洗いのみ 丸洗い+圧縮 丸洗い+保管 丸洗い+圧縮+保管
1枚 9,240円 9,700円 10,200円 11,000円
2枚 12,100円 13,100円 14,080円 15,840円
3枚 15,650円 18,700円 19,980円 21,780円
6枚 21,890円 23,100円 25,200円 28,270円

一番大きいパックなら、6枚まで詰め放題になります。

毛布・ベビー布団は2枚で1カウントになるので、組み合わせ次第でかなりお得に。

パックに追加して、シーツや枕も一緒に洗えますよ。

1点追加 料金
シーツ +880円
+1,100円

必要なものだけ追加できるのが嬉しいポイントです。

布団+服がセットでお得に洗える「Mixクリーニング」

ヤマトヤクリーニングで洗うなら「Mixクリーニング」もおすすめ。

業界初の布団+服をまとめてクリーニングに出せるパックですよ。

布団1枚 布団2枚 布団3枚
服5着 18,500円 22,000円 26,500円
服10着 22,980円 26,500円 29,800円

まとめて依頼しますが、クリーニング工程ではそれぞれ分けて洗ってくれますよ。

同じパックで出すことで、服・布団のパックを個別で頼むよりも安くなります。

例えば、布団3枚・服10着を個別で頼むと合計33,880円になりますから、Mixクリーニングで出せば4,080円もお得に!

保管も最大10ヶ月ついており、シーズンオフのクリーニングに最適ですよ。

布団クリーナーはいらない!無くてもダニ退治は可能

布団クリーナーはダニのフンや死骸を吸い取るのには効果的です。

しかし、生きたダニを除去するには特殊な機能・使用時の工夫が必要になります。

布団のダニ退治だけで考えるなら、布団乾燥機・コインランドリー・クリーニングの3つが有効でしょう。

特にクリーニングなら、防ダニ加工があるため予防効果も抜群です。

布団クリーナーは日々の手入れに使い、定期的なメンテナンスではクリーニングを使うなど、使い分けると効果的にダニ対策ができますよ。

自分に合ったダニ対策を見つけて、快適な睡眠環境を保ちましょう。

また、シーズンオフの布団にはダニが発生しやすいです。

長期保管時には、空調管理が行き届いた保管サービスなども活用してみてください。

宅配クリーニングにも保管サービスがあるので、気になる方は以下のリンクもチェックしてみてください!

ABOUT ME
WashTimes編集部
宅配クリーニングのオススメ比較から、日常の洗濯に関するお役立ち情報まで、“清潔な暮らし”を提案する総合情報メディア。
スマホで簡単、宅配クリーニングなら『クリコム』
クリコム