クリーニング比較

デニムはクリーニングに出すべき?正しい洗い方とおうちでも出来るケア方法

※本ページにはPRが含まれます。

どんなファッションにも合わせやすく、大人気のデニム。

年中使えてとっても重宝しますよね!

ですが、着用していれば服はおのずと汚れてしまうもの。

デニムはお家で洗濯しても良いのか、それともクリーニングに出すべきなのか、悩まれる方も多いでしょう。

今回はデニムの正しい洗濯方法と、おうちでもできるデニムのケア方法について解説していきます。

デニムをよく着用される方、洗い方に迷っている方はぜひ参考にしてください。

デニムは洗ってはいけないの??

「デニムは洗わない方がいい。」

そんな言葉をよく耳にしますね。

これは、デニムを洗濯することで色落ちや縮みがおこり、デニムの風合いを変えてしまうことがあるからです。

ですが着用していれば当然汚れや臭いが付きます。

それでも洗濯をしないのはやはり不衛生ですよね。

つまり、デニムを洗わないのはNG!お気に入りのデニムを綺麗に、そして衛生的に着るために、デニムを洗濯したい時はクリーニングに出すことをおすすめします。

正しくお手入れして、お気に入りのデニムをきれいに長く履きましょう!

デニムはクリーニングがおすすめの理由

デニムを洗濯したいと思っても、色落ち型崩れなどが心配です。

そこで、デニムの洗濯はおうちでするよりもクリーニングに出すことがおすすめです。

デニムはクリーニングがおすすめの理由
  • 色落ちや色移りの心配がない
  • 型崩れや縮みの心配がない
  • 装飾がついたデニムも安心

クリーニングに出すことでデニムの質を落とす心配もなく、しっかりと汚れを落とすことができます!

色落ちや色移りの心配がない

デニムをクリーニングに出すことで、色落ちや色移りの心配がなくなります。

デニムを洗濯する時に一番心配なのが、この色落ちと色移りではないでしょうか。

デニムは非常に色落ちしやすい生地なので、洗濯をするとデニム生地が変色してしまうことがあります。

またほかの洗濯物と一緒に洗ってしまうと、その洗濯物にデニムの色が移って青っぽくなってしまうこともあります。

クリーニングに任せればこのような心配はないです。

もしおうちでデニムを洗濯するときは他のものと一緒に洗わず、デニムだけ単独で洗うようにしましょう。

型崩れや縮みの心配が少ない

洗濯をしてお気に入りのデニムが型崩れしてしまったり、縮んで履けなくなってしまっては悲しいですよね。

デニム生地は洗濯をすることで型崩れをおこして履きにくくなったり、縮んでしまって柔らかく仕上がらないことがあります。

クリーニングに出せば、デニムに最適な洗い方を施してもらえるので、型崩れや縮みの心配がなくなります。

お気に入りのデニムを長く履きつづけるために、洗濯の際はクリーニングに出すことを検討しましょう。

装飾がついたデニムも安心

お手持ちのデニムの中にはスタッズなどの装飾がついているものや、ダメージ加工が施されているものもあるでしょう。

おうちで洗濯して装飾品が取れてしまったり、ダメージ加工が変わってしまうかもなんて心配もありますよね。

クリーニングなら装飾がついているデニムの洗い方を心得ていますし、ダメージ加工も裂けないように洗ってくれます。

デザイン性のあるデニムを洗濯するときは、クリーニングに出すと良いでしょう。

デニムのクリーニング料金とかかる日数、頻度の相場

「デニムをクリーニングに出すにはどれくらいのお金や日数がかかるんだろう?」

デニムをクリーニングに出したことがない方は気になるポイントでしょう。

そんな心配がある方へ、デニムをクリーニングに出した時の料金と日数の相場をご紹介します。

また、デニムをクリーニングに出す頻度も一緒に紹介しますので、参考にしてください。

デニムのクリーニング料金

デニムパンツをクリーニングに出した時の料金の相場は、500円から1,000円です。

また、デニムジャケットをクリーニングに出した時の料金の相場は600円から800円です。

シミ抜きなどのオプションを付ける場合や装飾品がついているデニムの場合はもう少し高くなることもあります。

デニムのクリーニングにかかる日数

デニムをクリーニングに出した場合、洗濯に2日から1週間ほどかかることが多いです。

また、装飾がついている物やダメージデニムなどは10日から20日かかる場合があります。

次に履く機会が決まっている場合は、余裕をもって出すようにしましょう。

デニムをクリーニングに出す頻度

デニムは色落ちや型崩れをおこしやすい生地なので、クリーニングに出したとしても洗濯をしすぎるとやはり痛んでしまいます。

デニムを履くたびに洗濯をする必要はないので、夏は月に2回、夏以外なら月に1回を目安にクリーニングに出すようにしましょう。

デニムをクリーニングに出すときの注意点

いざデニムをクリーニングにだす前に、注意しなければならないことがいくつかあります。

  • ポケットの中身を空にしておく
  • タグや装飾品の素材をチェック
  • シミや汚れについてあらかじめ把握しておく

デニムを綺麗に仕上げるため、そしてクリーニング屋さんと、所有者である自分自身のためにも確認事項を見直して見てください。

ポケットの中身を空にしておく

デニムをクリーニングに出す前に、ポケットの中身が空かどうかを確認してください。

ポケットは小さく、物を入れていても忘れやすいため注意が必要です。

もしポケットの中に物が入っていて、クリーニング中に無くなってしまっても紛失保証は受けられません。

また、もしボールペンをポケットに入れたままクリーニングされてしまうと、インク漏れを起こして逆にデニムが汚れてしまう可能性もあります。

クリーニングに出す前に、ポケットが空かどうかをきちんと確認するようにしましょう。

タグや装飾品の素材をチェック

デニムをクリーニングに出す前に、タグをきちんと確認しておきましょう。

革でできた大きな装飾などがついている場合、クリーニングを断られる場合があります。

また接着剤でついている装飾品はクリーニング中にとれてしまう可能性があるので、事前に伝えておくことが大切です。

シミや汚れについてあらかじめ把握しておく

デニムに何かをこぼしてしまった場合、それがどんな成分のよごれなのかが分かれば、洗濯時に汚れを落としやすいです。

シミや汚れがあるデニムをクリーニングに出す時に、どのような汚れなのかを説明できるようにしておくことで、クリーニング屋さんがよごれを落としやすくなります。

デニムをおうちで洗濯する方法

どうしてもデニムをクリーニングだせないという時もあるでしょう。

そんな時に、ダメージしにくいおうちでの洗濯方法を知っておくと便利です。

洗濯後の干し方のコツも紹介しているので、おうちでデニムを洗濯する際はぜひ参考にしてみてください。

用意するもの

デニムをおうちで洗濯するときは、以下の4つを用意してください。

風呂桶、おしゃれ着用中性洗剤、ぬるま湯、洗濯ネット

洗い方

まずはデニムを裏返します。

デニムは裏の縦糸にダメージを受けやすい作りになっているため、裏返すことでダメージを横糸に負担してもらうことができ、洗濯でのダメージを軽減できます。

次に、風呂桶にぬるま湯と中性洗剤をいれて混ぜます。

そのなかに洗濯したいデニムを入れ、手で優しく押し洗いし、桶の水を換え優しく押し洗いですすぎます。

最後に洗ったデニムを洗濯ネットに入れて洗濯機で一番弱い脱水に1分かけます。

脱水が終わったデニムはしわを伸ばして、裏返したまま干します。

この時、陰干しにするのがポイントです。

直射日光をあびるとデニムが傷みやすくなるので、直接日光があたらない場所に干しましょう。

デニムを洗濯する時のポイント

デニムをおうちでさらに上手に洗濯するために効果的なプラスアルファの技をご紹介します。

デニムを洗濯する時のポイント
  • 必ずデニムのみで洗う
  • シミ抜きは自分でしない

簡単にできることばかりなので、これからデニスを洗濯する方はぜひ、試してみてくださいね!

必ずデニムのみで洗う

おうちでデニムを洗濯するときは、必ずデニムのみで洗うようにしましょう。

もし白いT
シャツと一緒にあらってしまうと、白いTシャツにデニムの色が移り、青っぽい色になってしまうことがあるので気をつけましょう。

シミ抜きは自分でしない

おうちでデニムを洗濯する場合でも、シミ抜きはしないようにしましょう。

デニムは非常に色が抜けやすい生地です。

おうちでデニムのシミ抜きをすると、その部分だけ色落ちしてしまうことがあります。

シミはクリーニングにお願いするようにしましょう。

デニムを洗わない時のケアと保管方法

デニムは毎回洗濯する必要はありません。

かといって、汗をかいて菌や臭いが気になることもあるでしょう。

そんなときに役立つ、おうちで簡単にできるケアの方法をご紹介します。

おうちで簡単にできるケアの方法
  • 裏返して陰干し
  • 消臭スプレーを使う

デニムのケア方法に迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

裏返して陰干しする

デニムを履いて洗濯しない日は、裏返して陰干しをしましょう。

デニムは汗が生地まで浸透せず、裏側に汗や皮脂汚れがつきやすい生地なので、裏返して干すことで蒸れて臭いがつくのを防ぐことが出来ます。

消臭スプレーを使う

デニムを履いて洗濯しない日は、裏返して消臭スプレーをかけておくのも良いでしょう。

この時、一か所に大量のスプレーをかけないよう気をつけてください。

変色の原因になります。

消臭スプレーは他の衣類に使っているもので大丈夫ですのでお手軽にケアすることができますね。

デニムの色落ちについて

デニムは色落ちを起こしやすい生地ですが、クリーニングに出して洗濯することで色落ちを防ぐ事ができます。

デニムはインディゴ染料という、アルカリで溶解させたあと酸化させることで青く発色させる染料を使っているため、定着力が弱いです。

そのためデニムは何度も染色することで濃い色を作っているので、洗濯で色が落ちやすいという特徴があるのです。

デニムのクリーニングに関するよくある質問

デニムのクリーニングに関するよくある質問をまとめました。

デニムのクリーニングに関するよくある質問
  • デニムはクリーニングに出すべき?
  • デニムをクリーニングに出す頻度は?
  • デニム専門のクリーニングは何が違う?

デニムはクリーニングに出すべき?

A.デニムはクリーニングに出すのがおすすめです。

デニムを自宅で洗う際に一番不安に感じるのは、やはり色落ちでしょう。

デニム自体の色が薄くなってしまったり、他の衣類にデニムの色が映ってしまっては悲しいですよね。

クリーニングに出せばこのような悩みはなくなります。

デニムを洗濯する際は、クリーニングに依頼するようにしましょう。

デニムをクリーニングに出す頻度は?

A.夏は月に2回、夏以外なら月に1回を目安にクリーニングに出すようにしましょう。

デニムは着用するたびに洗濯する必要はないです。

クリーニングに出し過ぎも生地によくないので、ワンシーズンに1回~2回ほど出すのがおすすめです。

デニム専門のクリーニングは何が違う?

A.デニム生地の専門家が、仕上がりの風合いやシルエットの要望を叶えてくれます。

ヴィンテージもののデニムは洗濯することで風合いやシルエットが変わってしまいのが怖いですよね。

デニム専門のクリーニングに依頼すれば、このような不安はかなり軽減されます。

お気に入りのデニムを洗濯する際に利用してみるのもおすすめですよ。

デニムはクリーニングにだそう!

今回はデニムをクリーニングにだすべき理由とそのメリットについて紹介してきました。

デニムは流行り廃りの少ない定番アイテムです。

デニムはデリケートな生地なので、お気に入りのデニムアイテムを長く着用できるよう、今回紹介したおうちでのケアも忘れずに行ってみてくださいね!

スマホで簡単、宅配クリーニングなら『クリコム』
クリコム