洗濯お役立ちコラム

スキーグローブはどうやって洗濯する?臭い取りに効果的な道具などを紹介

スキーグローブはどうやって洗濯する?

※本ページにはPRが含まれます。

ウィンタースポーツに欠かせないスキーグローブ。

普通の手袋とは違う素材で作られているので、手入れの仕方に迷う人も多いと思います。

一部が革になっているスキーグローブは、洗濯していいのかも分かりませんよね。

そんな方のために、スキーグローブの手入れ方法や洗濯方法についてご紹介します!

【この記事で分かること】

  • スキーグローブの洗濯方法
  • スキーグローブの洗濯の注意点
  • スキーグローブの臭い取り方法
  • スキーグローブの洗濯頻度
  • 手入れにおすすめのアイテム

スキーグローブのお手入れ時の注意点

スキーグローブを洗濯する際には、4つ注意点があります。

お手入れ時の注意点
  • 洗濯表示タグに従う
  • 熱を加えない
  • 柔軟剤・漂白剤は使わない
  • 力を入れて絞らない

特殊な素材が使われているため、手入れ方法を間違えると傷んでしまいますよ。

1つずつ解説していきます。

①洗濯表示タグに従う

まずは洗濯表示タグを確認して、洗えるスキーグローブなのかどうかを調べましょう。

洗濯桶のマークに✕がついているグローブは、自宅では洗えません

それ以外のマークがついたものなら手洗いで洗いましょう。

②熱を加えない

スキーグローブは分厚いので、洗濯したら乾きにくいですよね。

しかし、スキーグローブは熱に弱いので、乾燥機にはかけられません。

早く乾かそうとしてドライヤーを当てるのもNGです。

高温の環境でなければいいので、扇風機や除湿機の温風程度なら大丈夫です。

③柔軟剤・漂白剤は使わない

スキーグローブは、柔軟剤や漂白剤を使って洗うことはできません。

柔軟剤は繊維にコーティングするように張り付き、漂白剤は色を抜く代わりに繊維を傷めてしまいます。

スキーグローブについた防水加工の効果が低下する可能性があるので、この2つは使わずに洗濯しましよう。

④力を入れて絞らない

スキーグローブを洗濯した後、水気を切る際に力いっぱい絞るのは厳禁です。

力を入れすぎると、グローブが割れたり防水性が取れてしまいますよ。

水を切る時は、タオルで包んで水分を吸い取ってください。

洗う時もゴシゴシせず、優しく押し洗いしてくださいね。

スキーグローブの洗濯・お手入れ方法

スキーグローブには、主に次の種類のものがありますよ。

  • レザー
  • ナイロン
  • ウール
  • ゴアテックス

この中で、レザーのスキーグローブは水につけられないので丸洗いはできません

自宅では、革専用のアイテムを使って手入れをします。

その他の3つは基本的には水洗いができるので、洗濯表示を確認してから洗っていきましょう。

レザー素材のお手入れ方法

レザーのお手入れ方法で使用する道具は、以下の通りです。

使用する道具
  • 革用ブラシ
  • 革用オイル
  • 革用クロス

手入れの仕方をご紹介します!

【手順】

  1. ブラシでホコリ・ゴミを取り除く
  2. クロスにオイルを少量付ける
  3. スキーグローブにクロスでオイルを塗る
  • オイルは塗りすぎない。
  • スキーグローブが濡れていたら、乾かしてからオイルを塗る。

オイルを塗らないとレザーが乾燥して割れる原因になります。

しかし、塗り過ぎも良くないので、なるべく最初は薄く塗って、足りなければ足していきましょう

ナイロン・ウール・ゴアテックス素材の洗濯方法

ナイロン・ウール・ゴアテックスは、おしゃれ着用洗剤で汚れを落としていきます。

使用する道具は4つです。

使用する道具
  • 洗面器
  • ぬるま湯
  • おしゃれ着用洗剤
  • タオル

お湯が熱すぎるとスキーグローブが劣化するので、30℃程度のぬるま湯を用意してくださいね。

手順をご紹介します。

【手順】

  1. 洗面器にお湯とおしゃれ着用洗剤を入れて混ぜる
  2. グローブを入れ、押し洗いする
  3. 水を入れ替え、泡が出なくなるまですすぐ
  4. タオルなどで包み、水気を吸わせる
  5. 風通しの良い日陰で干す
  • 押し洗い・すすぎ時は優しく扱う。
  • 洗剤が残らないように、しっかりすすぐ。
  • 強く絞らず、タオルで優しく包んで水気を吸わせる

干す際に、洗濯ばさみで指先が硬いスキーグローブを挟むと割れることがあります

できれば平干し用ネットに置き、平干しするのがおすすめです!

 

スキーグローブの臭いを取るには?

スキーグローブを使っていると、いつの間にか取れなくなっている嫌な臭い。

この臭いは、雑菌の繁殖により起こるものです。

スキーグローブはどうしても湿気やすいので、菌が好む環境になりどんどん繁殖していきます。

繁殖した菌を殺菌ができれば、臭いは綺麗に落とせますよ。

レザー以外のスキーグローブの臭い取りには、重曹を使ってつけ置きするのが効果的です。

臭い取りに使う道具
  • 重曹
  • 洗面器
  • ぬるま湯
  • 中性洗剤
  • タオル

お湯1リットルに対して、重曹小さじ1程度を混ぜて使います。

重曹は水に溶けにくいので、30~40℃程度のぬるま湯で溶かしましょう。

手順は以下の通りです。

【手順】

  1. 洗面器にぬるま湯と重曹を入れ、溶かす
  2. スキーグローブを漬けて、押し洗いする
  3. 30~40分つけ置きする
  4. 水を入れ替えて、ナイロングローブと同じ洗い方で手洗いする

つけ置き後の手洗い方法は、ナイロン・ウール・ゴアテックスの時の洗濯手順と同じです。

手洗い前に一手間加えることで、しっかり臭い取りできますよ!

おすすめの宅配クリーニング3選

水洗いできないレザーのスキーグローブは、クリーニングなら丸洗いしてもらえますよ。

一部にレザーが使われたスキーグローブも、プロなら素材ごとに洗い方を変えてくれるので安心です。

ナイロン・ウール・ゴアテックスのグローブでも、自宅で洗うのは大変ですよね。

自宅では汚れが落ちなかったり、臭いが取れなかったら、プロに洗ってもらうのがおすすめです。

ここからは、スキーグローブが洗える宅配クリーニングを厳選してご紹介します

スキーグローブが洗える宅配クリーニング3選
  • リネット
  • クリーニングパンダ
  • クリコム

宅配クリーニングは全国から利用でき、24時間いつでも注文できる手軽さがあります。

荷物は自宅まで取りに来てくれるので、手間もかかりませんよ。

ご紹介する3店は、スキーグローブに対応できて高品質なお店です。

興味のある方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

リネット

リネット
最低料金 484円(税込)/1点
最短仕上げ日数 最短2日
保管サービス 最大8ヶ月
送料 8,800円以上で無料
パック・単品 どちらも可
再仕上げサービス お届け日から30日以内
対応エリア 全国
発送方法 自宅集荷・コンビニ発送
支払い方法 クレジットカード・代金引換

\5点以上で初回最大40%OFF!/
リネット公式サイトはコチラ

リネットはグローブ1点からでも集荷に来てくれて、手軽に利用できるのがメリットです。

ゴアテックス手袋のクリーニングでも、他店と比べてかなり安いのが特徴です。

スキーグローブに嬉しい「サラっと撥水仕上げ」が、1点440円でリーズナブルなのも魅力です。

市販のスプレーよりも効果が高いので、水や汚れがつきにくく手入れがしやすくなります。

値段はお手頃ですが、保証制度がしっかりしており高品質ですよ。

クリーニングパンダ

クリーニングパンダ,口コミ評判
最低料金 2,640円(税込)/スキーグローブ
最短仕上げ日数 最短5営業日
保管サービス 最大15ヶ月
送料 5,000円以上で無料
パック・単品 どちらも可
再仕上げサービス 到着後一週間以内で無料
対応エリア 全国
発送方法 自宅集荷
支払い方法 クレジットカード
撥水・防水加工 防汚撥水加工+1,100円(税込)
キャンペーン情報
  • 新規登録で550円分のすぐに使えるポイントをプレゼント!
  • 注文後の獲得ポイントが最大の5倍
【クーポンコード】

■クーポンコード:newpoint10

\当サイト限定!新規注文で最大ポイント10倍/
クリーニングパンダ公式サイトはコチラ

クリーニングパンダは、加工オプションが充実していますよ。

スキー用品で選べる加工オプション
  • 防汚撥水加工
  • プレミアム汗抜き加工
  • プレミアムカビ取り
  • 極美流しみ抜き

スキーグローブに最適な防汚撥水加工はもちろん、汗・カビ・シミにも対応OK

クリーニングでは臭いもしっかり取り除けて、抗菌もできるので臭い対策もバッチリです!

クリコム

クリコム,評判
最低料金 2,200円(税込)/ナイロン・合皮グローブ
最短仕上げ日数 最短5日
保管サービス
送料 4,400円以上で無料
パック・単品 単体のみ
再仕上げサービス
対応エリア 全国
発送方法 自宅集荷・コンビニ発送
支払い方法 クレジットカード・代引き決済
撥水・防水加工 スキーウェア類全品無料サービス

\4,400円以上利用で送料無料!/
クリコム公式サイトはコチラ

クリコムのスキーウェアクリーニングには、全品撥水加工がついています

グローブは撥水加工込みの値段で2,200円なので、かなりリーズナブルなのが特徴です。

お得なお値段ですが、品質が高く、ブランド対応実績も豊富ですよ。

他の洗濯物と一緒にしない「単独洗い」なので、安心感もあります。

コンビニからの発送もでき、24時間いつでも好きな時に出せるのがメリットです。

よくある質問

スキーグローブの洗濯に関するよくある質問をまとめました。

質問をクリック・タップすると回答が見られますよ!

スキーグローブの洗濯に関するよくある質問
  1. 洗濯頻度はどれくらいがいい?
  2. スキーグローブの臭い対策は?
  3. 手入れにおすすめのアイテムは?
洗濯頻度はどれくらいがいい?

少なくとも、ワンシーズン毎に1回は洗うのがベストです。

スキーグローブの使用頻度にもよりますので、たくさん使う人は月に1回洗うのがおすすめです。

スキーグローブの臭い対策は?

臭い対策には、以下の2点が有効です。

スキーグローブの臭い対策
  1. インナーグローブをつける
  2. 使ったらすぐに乾かす

スキーグローブの臭いは雑菌の繁殖によるものです。

汚れや湿気がたまると雑菌が繁殖するので、この2つを防げれば臭いを予防できます。

グローブの下にインナーグローブをつけておけば、スキーグローブ自体が汚れるのを防げます。

インナーグローブなら洗濯機で洗えるので、手入れも楽になりますよ!

そしてスキーグローブを使った後は、濡れたままにせずにすぐ乾かしてくださいね。

手入れにおすすめのアイテムは?

撥水・防水スプレーがおすすめです。

撥水効果があると、スキーグローブが濡れにくく汚れにくくなります。

スキーグローブに元々ついている撥水効果は、永遠には続きません。

定期的に撥水・防水スプレーを塗り直す必要があります。

塗り直すタイミングは、スキーグローブを洗濯・手入れした後です。

15cmくらい離れたところからかけて、しっかり乾燥させてくださいね。

スキーグローブはレザー素材以外は家で丸洗いできる!

スキーグローブは、ナイロン・ウール・ゴアテックスのものなら丸洗いできますよ。

中には水洗い不可のスキーグローブもあるので、洗濯表示をしっかり確認してくださいね。

スキーグローブの臭い取りには、重曹を使ってつけ置きが有効です。

乾かすときは乾燥機は使用せず、扇風機や除湿機を使って乾かしましょう。

レザーのスキーグローブは自宅では丸洗いできないので、クリーニングに依頼してくださいね。

スキーウェアの宅配クリーニングもあるので、気になる方は下のリンクをチェックしてみてください!

スマホで簡単、宅配クリーニングなら『クリコム』
クリコム