洗濯お役立ちコラム

オキシクリーンで簡単お洗濯!シミや汚れを綺麗に落とす正しい使い方

「オキシクリーンで洗濯するといいってホント?」

「どうやって使えばいいの?」

掃除はもちろん、洗濯でも大活躍と人気を集めているオキシクリーン。

愛用者が年々増えている中、そろそろ使ってみようかな…と考えている人も多いのではないでしょうか。

すでに使っている人も、これから使おうと思っている人も、オキシクリーンについてきちんと知っておきましょう。

今回はオキシクリーンのメリットや正しい使い方、シリーズ商品をご紹介します。

漂白効果だけでなく消臭効果や除菌効果もあるオキシクリーン。

普段の生活に取り入れれば、さまざまな場面で役立てることができますよ。

【今回の記事でわかること】

  • オキシクリーンとは?
  • オキシクリーン6つのメリット
  • オキシクリーンの洗濯での正しい使い方
  • たくさんある!オキシクリーンシリーズ

オキシクリーンとは?

オキシクリーンとは、洗濯で活躍する酸素系漂白剤です。

塩素系漂白剤ではないのにも関わらず、強い洗浄力を持つところが大きな魅力。

衣類のシミや汚れをきっちり落としてくれる、アメリカ初のブランドです。

また洗濯だけでなく、キッチンのお掃除などでも大活躍します。

色柄服にも使える漂白剤として、全世界で愛されている漂白剤なのです。

お値段は?

便利で使いやすいオキシクリーンは、Amazonで購入できます。

価格は2270g入りのタイプで2,728円。

500gのものであれば、520円で買えちゃえます。

手の出しやすい価格であるのも、人気となっている理由の1つですね。

落とせる汚れと落とせない汚れ

オキシクリーンで落とせる汚れ オキシクリーンで落とせない汚れ
  • 黄ばみ
  • 襟汚れ
  • 食べこぼし
  • 嫌なニオイ
  • 血液
  • シミ
  • ミルク・母乳
  • インク
  • 絵の具
  • 墨汁
  • サビ
  • 赤カビ
  • 黒カビ

オキシクリーンはどんな汚れでも簡単に落とせるわけではありません。

インクや絵の具の汚れは落としにくく、不溶性の汚れは落とすことができません。

基本的な服の汚れは落とせますから、汚れの種類によって使い分けていきたいですね。

墨汁,落とし方
墨汁の簡単な落とし方!応急処置が大切?歯磨き粉とお米で落とす裏ワザとは「墨汁の落とし方って?」 「子供が服に墨汁をたくさんつけてきた…」 数あるシミの中でも強敵である、墨汁の黒いシミ。 注...
ペンキ,落とし方
服についたペンキの落とし方!壁・床・手についたペンキもこれで安心「ペンキの簡単な落とし方は?」 「乾いてしまって取れない!」 ペンキは汚れの中でもかなり落ちにくく、すぐに対処しなければシミ...

アメリカ版と日本版の違い

アメリカ発のオキシクリーン、日本版とアメリカ版とで若干の違いがあります。

アメリカ版のオキシクリーンには「香料」と「界面活性剤」が含まれています。

「界面活性剤」はより洗浄力を高める効果があり、その分十分なすすぎが必要となります。

つまり頑固な汚れにはアメリカ版のオキシクリーンがオススメというわけです。

環境への優しさと安全性を取るのであれば、日本版のオキシクリーンを選んでくださいね。

オキシクリーン6つのメリット

電球

オキシクリーンの特徴を6つにまとめました。

オキシクリーン6つのメリット
  1. 酸素の力で汚れを落とす
  2. 消臭効果あり
  3. 色柄物OK
  4. つけおき洗いOK
  5. 洗濯だけでなく掃除でも
  6. 除菌効果あり

メリット①酸素の力で汚れを落とす

オキシクリーンは、酸素系漂白剤の中でも漂白効果が高いことに定評があります。

お湯に溶けたときに出る酸素の泡の力で、頑固な汚れも綺麗に落とすことができるのです。

塩素系漂白剤では衣類にダメージがいきかねないですが、オキシクリーンなら安心して頑固なシミに対処できます。

もちろん容量・用法は守ってくださいね。

メリット②消臭効果あり

オキシクリーンには、過炭酸ナトリウムが含まれています。

この過炭酸ナトリウムが発生させる活性酸素によって、臭いの元となる汚れを分解してくれます。

生乾きの嫌なニオイも、オキシクリーンならなくすことができるのです。

漂白剤特有のツンとしたニオイがないのも嬉しいポイントですね。

生乾き臭
生乾き臭の原因は雑菌!洗濯物についた嫌な臭いを消す9つの方法 監修:河野真希|家事アドバイザー 「ちゃんと洗ったはずの洋服がクサい!」「部屋干ししたタオルがニオう」…そんな洗濯物の生乾...

メリット③色柄物OK

漂白剤で怖いのが、汚れだけでなく服の色まで落としてしまうことです。

漂白力が強すぎて、お気に入りの服が色あせてしまうのは嫌ですよね。

オキシクリーンは色柄物にも使えますから、使いやすい漂白剤としても人気なのです。

色柄物を綺麗にしたいときには、オキシクリーンを使いましょう。

メリット④つけおき洗いOK

つけおき洗いにもオキシクリーンは最適です。

手間がかからないのはもちろん、つけおき洗いをしている間に他の作業をすれば時短にもつながります。

デリケートな衣類を傷つけませんし、頑固な汚れにも効果的。

オキシクリーンでつけおき洗いをするメリットはたくさんありますよ。

つけ置き洗い,衣服
【つけ置き洗いのやり方】正しい洗い方や洗濯のコツ、つけ置く時間は?「つけ置き洗いで本当に汚れは落ちるの?」 「どれくらいつければいいの?」 頑固な汚れを落とすときや、デリケートな衣類を洗う時...
洗濯機,つけおき洗い
洗濯機でつけおき洗い!正しいやり方・コツ・注意点を解説「洗濯機でつけおき洗いってしてもいいの?」 「どうやってやるのがラク?」 気になる汚れやニオイを落としたいときに効果的なつけ...

メリット⑤洗濯だけでなく掃除でも

洗濯に大活躍のオキシクリーンですが、強みは洗濯だけではありません。

お風呂キッチン、床に玄関などさまざまな場所でオキシクリーンを活用できます。

基本的に水洗いできるところならどこでも使えますから、1つは常備しておけると安心です。

オキシクリーンで家中を綺麗にしてしまいましょう。

メリット⑥除菌効果あり

オキシクリーンには除菌効果もあります。

1時間以上つけおきすれば、布製品の除菌が完了。

生乾きのニオイの原因である雑菌もこれで撃退できますよ。

綺麗な服を着て気持ちよく過ごしましょう。

オキシクリーンの洗濯での正しい使い方

色移り,落とし方

オキシクリーンを洗濯で使う場合、大きく3つの使い方があります。

通常の洗濯に混ぜて使うパターン、部分洗いで使うパターン、そして洗濯槽を洗うパターンです。

それぞれの正しいやり方を確認していきましょう。

オキシクリーンの洗濯での正しい使い方
  • 通常の洗濯でオキシクリーンをプラス
  • 部分洗いでオキシクリーン
  • オキシクリーンで洗濯槽を掃除

通常の洗濯でオキシクリーンをプラス

【用意するもの】

  • オキシクリーン

【手順】

  1. オキシクリーンを洗剤投入口に入れる
  2. いつも通り洗濯する

オキシクリーンを普段の洗濯に使う場合はとっても簡単です。

洗剤投入口にオキシクリーンを入れるだけ。

分量は付属の軽量スプーン1杯で十分です。

洗剤では落としきれない汚れを落としつつ、嫌なニオイも落としてくれます。

また汚れもとどまりにくいため、普段からオキシクリーンを使っていれば衣服も汚れにくく長持ちしますよ。

部分洗いでオキシクリーン

【用意するもの】

  • オキシクリーン
  • 洗面器
  • ゴム手袋
  • ぬるま湯

【手順】

  1. 洗面器にぬるま湯を張る
  2. オキシクリーンを入れてよく溶かす
  3. 汚れ部分を1時間ほどつけおく
  4. 洗濯機で通常通り洗う

オキシクリーンでピンポイントの汚れを落としたいときは、つけ置き洗いがオススメです。

洗う際は、ゴム手袋を忘れずにつけてください。

また40℃程度のぬるま湯で洗えば、よりオキシクリーンの効果を高められます。

放置しすぎると、かえって落ちた汚れによって雑菌が繁殖してしまうことがあるため、一晩放置などは避けてください。

あとはいつも通り洗濯機で洗って干せばOKです。

つけ置き洗い,衣服
【つけ置き洗いのやり方】正しい洗い方や洗濯のコツ、つけ置く時間は?「つけ置き洗いで本当に汚れは落ちるの?」 「どれくらいつければいいの?」 頑固な汚れを落とすときや、デリケートな衣類を洗う時...

オキシクリーンで洗濯槽を掃除

【用意するもの】

  • オキシクリーン

【手順】

  1. 洗濯槽のゴミ取りネットを外す
  2. 洗濯槽にぬるま湯を張る
  3. オキシクリーンを投入
  4. 洗いコースで10分まわす
  5. 2時間ほど放置して再度洗いコースで10分まわす
  6. 2時間ほど放置して洗濯コースを2回行う

オキシクリーンは、ぬるま湯10Lに対して付属のスプーン4杯が目安です。

通常の洗濯時よりは多めに使うこととなります。

洗いコースと放置を繰り返し、合計4時間はつけ置くようにしましょう。

仕上げに洗濯コースを2回行い、洗濯槽の浮き上がった汚れを洗い流してください。

また終わった後、洗濯機のフタは開けて中を乾燥させるようにしてくださいね。

たくさんある!オキシクリーンシリーズ

オキシクリーンには、さまざまなシリーズ商品が存在します。

用途によって使い分けることもできるため、どんな商品があるのか見てみましょう。

たくさんある!オキシクリーンシリーズ
  • オキシクリーン マックスフォース
  • オキシクリーン 洗濯槽クリーナー
  • オキシクリーン ベイビー
  • オキシクリーン デオドラントパワー

オキシクリーン マックスフォース

スプレータイプのオキシクリーンです。

汚れや染みに直接吹きかけて使えるため、部分洗いがグッとしやすくなります。

油汚れや食べこぼし、襟汚れなどさまざまな場面で大活躍。

色柄物にも安心して使えます。

Amazon価格:1,200円(354ml)

オキシクリーンなので、酸素系漂白剤の濃いのが入っているのかと思いきや、酵素メインです。
襟の皮脂汚れが落ちます。トッププレケアよりも落ちます。
パンツのちょっとした汚れ(^_^;)も、シュッシュして洗濯機に放り込めば、落ちています。
容器も持ちやすくできていますが、噴射口のON,OFFの回すところが、少し回しにくいです。硬さと形状の問題だと思います。
総じて便利です。

――Amazon

オキシクリーン 洗濯槽クリーナー

洗濯槽専用のオキシクリーンもあります。

洗濯機の汚れが気になった時は、このクリーナーで汚れをきれいさっぱり落としてあげましょう。

タテ型でもドラム型でも利用可能です。

1回分がパックになっていますから、使いやすいところも嬉しいポイントですね。

Amazon価格:1,440円(320g)

洗濯物に臭いがすると思い、この商品でクリーニングモードをかけたところ、やはり洗濯槽が汚れていたようで、臭いはすっきり解消しました。

――Amazon

オキシクリーン ベイビー

赤ちゃんがいるご家庭には、オキシクリーンベイビーがオススメです。

蛍光増白剤不使用・無香料で、赤ちゃんにも安心。

肌が弱い方にもピッタリな酸素系漂白剤です。

オキシクリーンの洗浄力はそのままmに、より安心感を持って使えますよ。

Amazon価格:2,178円(1,370g)

粉末タイプの酸素系漂白剤です。
赤ちゃんの吐き戻しやよだれで、ベビー衣類やスタイ・ガーゼハンカチにピンク汚れ(赤カビ)がついていくので、こちらで月1回煮洗いして落としています。
他の酸素系漂白剤は洗濯時に毎日使用しているのですが、吐き戻しの多い我が子の衣類はどうしてもピンク汚れがついていくので困っていました。
今我が家は、大きめの鍋で30分程煮洗いしたあと、他の洗濯物と一緒に洗濯機で洗っています。
煮洗い中は独特の臭いがするので、赤ちゃんは別室のほうがおすすめです。
濃いピンク汚れ(放置していた期間が長かったり、使う頻度の高かった衣類)は煮洗い後も、うっすら黄色くシミのように汚れが残っています。
そうでない衣類は、気持ちが良い程汚れが落ちています。
毎日の洗濯は他の酸素系漂白剤を使用して大人と子供の衣類をまとめて洗っており、コスパ的にこちらのベビー用オキシクリーンは使用してません。
普通のオキシクリーンの2-3倍程の値段がするので‥
ただ、蛍光増白剤不使用なのと、煮洗い前後では見た目の汚れも臭いも違うので、これからも定期的に使用していくもりです。
お値段がもう少し安ければ使用しやすいので☆4です。

――Amazon

オキシクリーン デオドラントパワー

無香料のオキシクリーンですが、こちらのオキシクリーンデオドラントパワーは香り付きとなっています。

衣類のニオイが気になる方にオススメであり、普段のお掃除も楽しくなること間違いなしです。

洗浄力ももちろんあるため、香りを楽しみたいときはオキシクリーンデオドラントパワーを選びましょう。

洗濯槽洗浄にもオススメですよ。

Amazon価格:2,178円(1,360g)

良い香りで好きですが、ちょっと割高ですね。アメリカ製なので。
粉末をお湯に溶かすのが手間ですが、白くなります

――Amazon

まとめ~オキシクリーンで簡単お洗濯!~

つけ置き洗い,女性

今回の内容をまとめると下記の通りです。

  • オキシクリーンとは洗濯で活躍する酸素系漂白剤
  • 500g520円
  • アメリカ版と日本版がある
  • 酸素の力で汚れを落とす
  • 消臭効果あり
  • 色柄物OK
  • つけおき洗いOK
  • 洗濯だけでなく掃除でも
  • 除菌効果あり
  • 通常の洗濯でオキシクリーンをプラス
  • 部分洗いでオキシクリーン
  • オキシクリーンで洗濯槽を掃除
  • 他にもシリーズ商品が多数ある

オキシクリーンは、普段のお洗濯で使える便利なアイテムです。

部分汚れはもちろん、洗濯槽のお掃除にも大活躍。

多少手間はかかるかもしれませんが、それだけの価値がある酸素系漂白剤です。

ぜひ普段のお洗濯に取り入れてみてくださいね。