宅配クリーニング

帽子はクリーニングに出そう!料金相場・出す頻度・正しい保管方法とは

「帽子はクリーニングに出すべきなの?」

「クリーニングの料金はいくらくらい?」

おしゃれにしろ、仕事にしろ、誰でも一度は被る機会のある帽子。

日常生活には欠かせないアイテムの1つですが、あまり洗濯をすることはないですよね。

実はその帽子、たくさん汚れがたまっているかもしれません。

今回は、帽子をクリーニングに出すべき理由・料金相場・出す頻度をご紹介します。

自宅での洗濯方法もあわせて解説していきますよ。

【今回の記事でわかること】

  • 帽子はクリーニングに出すべきか
  • クリーニングの料金相場・出す頻度
  • 帽子の正しい保管方法
  • 帽子を自宅で洗う方法

帽子はクリーニングに出そう!

帽子,クリーニング

帽子、洗わずに使い続けていませんか?

実は帽子は、定期的にクリーニングに出すべきものです。

頭にも汗はたくさんかきますし、ちょっとしたことでシミができてしまうこともあります。

そんな時は、帽子をクリーニングに出して綺麗にしてもらいましょう。

おしゃれとしての帽子も、仕事で使うような制帽も、家で洗うのではなくプロであるクリーニング屋さんに任せてくださいね。

自宅で洗っちゃいけないの?

クリーニングはお金がかかるから自宅で洗ってしまおう…。

確かに帽子の種類によっては洗っていい気もするかもしれません。

しかし自宅で洗うと、次のようなデメリットが発生してしまいます。

帽子を家で洗うデメリット
  • 型崩れしてしまう
  • 汚れが落ちない
  • 生地が傷んでしまう

型崩れしてしまう

帽子は頭にフィットするように形が考えられて作られています。

むやみに自宅で洗ってしまうと、型崩れを引き起こす可能性が。

基本的に帽子は自宅で洗うことを想定されていませんから、シルエットが変わってしまうかもしれないのです。

お気に入りの帽子を長く被りつづけるためにも、家で洗うことは避けましょう。

汚れが落ちない

皮脂汚れや化粧汚れなど、防止にはさまざまな汚れがついています。

帽子は頻繁に洗うものではないですから、汚れはどんどん頑固なものとなって蓄積されていきます。

自分で洗っても汚れを落としきることが難しくなってしまうのです。

クリーニングであれば、防止にあわせた洗い方で的確に汚れを落としてくれます。

生地が傷んでしまう

帽子の洗濯表示をチェックしてみてください。

水洗い不可のマークがついてはいませんか?

帽子は自宅で洗うことを想定されていないものが多く、水洗い不可となっているタイプばかり。

無視して洗ってしまえば、生地が傷んでしまう原因になります。

また洗い方によっては帽子にダメージがいってしまうでしょう。

クリーニングに出す前に洗濯表示をチェック!

帽子,クリーニング

帽子は自宅で洗うのではなく、クリーニングに出すべきです。

とはいえ、とりあえずクリーニングに出せばいいというわけでもありません。

クリーニングに出す前に、必ず洗濯表示をチェックしておきましょう。

見るべきポイントは、「水洗いできるかどうか・ドライクリーニングできるかどうか」です。

見るべき洗濯表示

水洗いドライクリーニング可否

水洗いもドライクリーニングもできる場合は、クリーニングに出しても問題はありません。

水洗い〇であれば自宅でも洗濯OKです。

とはいえほとんどの帽子が水洗い不可となっています。

ドライクリーニングできるかどうかに注目しましょう。

ドライクリーニングができない場合、クリーニング店に受け付けてもらえない可能性もあります。

クリーニングしてもらえるかどうか、事前に確認しておきましょう。

帽子クリーニングの料金相場は?

帽子のクリーニングはいくらくらいかかるものなのでしょうか。

金額によってはクリーニングに出すかどうか変わってくるもの。

帽子のクリーニング料金を調査してきました。

業者名 帽子のクリーニング料金
リネット ニット帽:1,507円~
帽子(皮革):4,400円~
白洋舎 毛糸帽子:550円~
デア ニット帽:880円~
キャップ帽・ハット:1,320円~
レザーキャップ:6,050円~
ネクシー ニット帽:858円~
キャップ:1,650円~
レザーキャップ:6,050円~
クリーンハット 制帽:2,100円~

帽子のクリーニング料金の相場は、1,000円前後です。

素材によっては、6,000円以上になる可能性もあります。

帽子の料金は幅広いため、料金がいくらになるのかは事前に確認しておきましょう。

またオプションを付ければよりお金はかかってきます。

帽子をクリーニングに出す頻度は?

帽子,クリーニング

帽子のクリーニングは料金の幅が広いです。

何度もクリーニングに出せばそれだけ生地にも負担がかかりますから、とにかくクリーニングに出せばいいわけではありません。

たまに被る程度であれば、1シーズンに1回程度クリーニングに出せばOKです。

3か月に1回くらいというわけですね。

汗をたくさんかいたらクリーニング

とはいえ真夏にたくさん汗をかいた日などには、帽子にもたくさんの汗が染み込んでしまっています。

汗染みになってしまいますから、消えなくなる頑固なシミになる前にクリーニングに出してしまいましょう。

基本的には季節の変わり目にクリーニングすれば十分ですが、目に見える汚れが付いた時などは早めにクリーニングに出してくださいね。

クリーニング屋さんでも落とせなくなるレベルのシミは、たいてい放置しすぎてしまったシミです。

手遅れになる前に手を打ちましょう。

帽子の正しい保管方法

帽子の保管方法によって、どれだけ長持ちするかは大きく変わってきます。

クリーニングに出す頻度を出来るだけ少なくするためにも、正しい保管方法を知っておきましょう。

ポイントは、お手入れと陰干しをすることです。

濡れタオルでお手入れ

帽子の内側を濡れタオルで拭いてあげましょう。

頭と直接触れる部分である帽子の内側は、汗や汚れがたまりやすい場所です。

被った後は一手間かけるようにしてください。

汗以外の汚れがついてしまった時は、水で薄めた洗剤をタオルにつけ、かるく叩くように汚れになじませ拭き取ると良いですよ。

陰干しする

帽子は定期的に陰干ししてあげましょう。

風通しの良い日陰に、型崩れしないように干すのです。

専用のハンガー等がない場合は、ざるに帽子をかぶせて干すのがオススメ。

帽子に残っている湿気をきれいさっぱりなくしましょう。

帽子を自宅で洗う方法

【用意するもの】

  • おしゃれ着用洗剤
  • 洗面器
  • ザル
  • 綺麗なタオル
  • ぬるま湯

【手順】

  1. 洗面器にぬるま湯を張り、洗剤を溶かす
  2. 帽子を入れて、押し洗い
  3. よくすすぐ
  4. タオルで帽子を包み込み、水気を取る
  5. ザルに帽子をかぶせて陰干し

帽子は基本的にはクリーニングしたほうが良いですが、中には自宅で洗えるものもあります。

自宅で洗える帽子は、38℃程度のぬるま湯で優しく押し洗いしましょう。

使う洗剤は、刺激の少ないおしゃれ着用洗剤を使います。

また脱水はタオルで水を移し取るようにしてください。

出来るだけ帽子に負担がかからないように洗いましょう。

帽子は宅配クリーニングへ!

クリーニング店まで持っていくのは面倒…、そんな方にオススメしたいのが宅配クリーニングです。

宅配クリーニングは、家にいながら衣服をクリーニングに出せる便利なサービス。

発送も受け取りも、自宅の玄関先でOKです。

帽子だけでなく、他の衣類もまとめてクリーニングしてもらいましょう。

ネクシー

ネクシー,TOP
最低料金 363円(税込)/ワイシャツ1点
最短仕上げ日数 最短6日
保管サービス 最大7ヶ月
送料 7,000円以上の利用で無料(プリモ会員なら4,000円以上)
パック・単品 どちらも可(保管はパック)
再仕上げサービス お届け後7日以内
対応エリア 全国
発送方法 自宅集荷・コンビニ集荷
支払い方法 クレジットカード・代金引換・後払い決済

ネクシーでは、ニット帽・キャップ・レザーキャップのクリーニングが可能です。

シミを落とすことに定評のあるネクシーで、帽子を綺麗に仕上げてもらいましょう。

パック料金ではなく単品料金制ですから、自分が頼みたい分だけのクリーニングを注文できます。

コンビニ集荷が出来るところも大きな魅力ですよ。

まとめ~帽子は定期的にクリーニング~

帽子,クリーニング

今回の内容をまとめると下記の通りです。

  • 帽子はクリーニングに出そう
  • 自宅で洗ってはいけない
  • クリーニングに出す前に洗濯表示をチェック
  • 帽子のクリーニング料金の相場は1,000円前後
  • クリーニングに出す頻度は3か月に1回
  • 濡れタオルでお手入れ

帽子は定期的にクリーニングに出しましょう。

何気なくかぶっている帽子には、気付かない間にたくさんの汚れがたまっています。

気持ちよくかぶるためにも、日々のお手入れを欠かさず、季節の変わり目ごとにクリーニングに出すのがオススメ。

宅配クリーニングであれば、手間をかけずにクリーニングに出せますよ。