クリーニングの基礎知識

ワイシャツクリーニングのたたみ仕上げを徹底解説!料金相場・注意点・オススメ業者

「クリーニングのたたみ仕上げって何?」

「必要なの?」

ワイシャツのクリーニングをした時に、たたみ仕上げもできますがいかがいたしますかと言われたことはありますか?

たたみ仕上げってたたんでくれるだけじゃないの、頼む必要なんてないんじゃないのと思う方も多いことでしょう。

そんなことはありません!

たたみ仕上げはハンガー仕上げよりも沢山メリットのある仕上げ方です。

今回はワイシャツクリーニングのたたみ仕上げについて徹底解説。

たたみ仕上げが得意な、オススメの宅配クリーニングもあわせてご紹介しますよ。

ワイシャツクリーニングのたたみ仕上げとは?

ワイシャツはたたみ仕上げがオススメって、ご存じでしたか?

クリーニングによる仕上げ方には2種類あります。

ハンガー仕上げとたたみ仕上げ、好きな方を選べるわけですが、基本的にはハンガー仕上げが一般的。

たたみ仕上げのほうが料金は高めであり、特にこだわりがなければハンガー仕上げを選んでしまいそうです。

しかし実は、たたみ仕上げのほうがオススメなんです。

綺麗にたたんだ状態で返ってくる

ハンガー仕上げはハンガーにかかった状態で返却されるわけですが、たたみ仕上げはその名の通り綺麗にたたまれた状態で返ってきます。

ワイシャツを綺麗にたたむのは案外難しいものであり、シワができてしまいがち。

自分でたたもうとせず、プロに任せてしまいましょう。

たたみ仕上げのメリット・デメリット

クリーニング,たたみ仕上げ

たたみ仕上げをするべきかどうか迷う方もいることでしょう。

メリットとデメリットを確認して、頼むかどうかの判断材料にしてください。

最終的に判断するのはあなた自身です。

たたみ仕上げの特徴をおさえていきましょう。

たたみ仕上げのメリット

たたみ仕上げのメリット
  • 持ち運びに向いている
  • 収納がコンパクト
  • ハンガーがたまらない
  • 襟元まできっちりつぶれない

メリット①持ち運びに向いている

たたんだ状態で返ってくるため、バッグやスーツケースにそのまま入れれば持ち運びもラクラク。

ビニールに入っている状態ですから、汚れからも守ってくれます。

出先でシワひとつない綺麗な状態でワイシャツを着ることができますよ。

メリット②収納がコンパクト

ハンガー仕上げと違い、コンパクトにたたまれているため収納にも困りません。

クローゼットがパンパンになりがちだったとしても、たたみ仕上げであれば少ないスペースで保管できます。

襟部分が折れないよう、重ねて保管する場合は交互に乗せていきましょう。

メリット③ハンガーがたまらない

ハンガー仕上げの場合、頼むたびにハンガーがたまっていきます。

必要であれば嬉しいかもしれませんが、次第に邪魔な存在に…。

ハンガーは、お店に返却するか自分で使い続けるか捨てるかしなければなりません。

たたみ仕上げならそんな面倒事からも解放されますよ。

メリット④襟元まできっちりつぶれない

たたみ仕上げをすると、襟部分か厚紙などの型がついてきます。

襟の型崩れを防いでくれるため、ピシッとした状態でワイシャツを着ることができます。

自分でたたむ場合は、襟がつぶれてしまいますからたたみ仕上げならではのメリットですね。

たたみ仕上げのデメリット

たたみ仕上げのデメリットは以下の通りです。

たたみ仕上げのデメリット
  • 料金がかかる
  • たたみじわがつくことも

デメリット①料金がかかる

ハンガー仕上げの場合ハンガーにかけるだけですが、たたみ仕上げの場合たたむ分手間がかかります。

そのためたたみ仕上げのほうが料金は高くなってしまうことに…。

毎回のようにたたみ仕上げを頼んでいると、それなりの料金がかかってしまいます。

デメリット②たたみじわがつくことも

綺麗にたたんでもらったとしても、そのまま長期間放置すればたたみじわがついてしまいます。

出張先で使いたいときなどは、ホテルについたらワイシャツをハンガーにかけておくなどすると良いでしょう。

たたみじわが気になった時は、アイロンをかけてシワを伸ばしてあげましょう。

たたみ仕上げの料金相場

たたみ仕上げとハンガー仕上げでどれくらい料金が変わるものなのでしょうか。

比較しつつ、たたみ仕上げの料金相場を確認してみましょう。

サービス名 ハンガー仕上げ たたみ仕上げ
リネット 319円 429円
ネクシー 363円 495円

たたみ仕上げの料金相場は450円前後です。

ハンガー仕上げよりも100円以上高くなっていることがわかりますね。

リネットとネクシーでは仕上げ方を選べますが、宅配クリーニングの中にはたたみ仕上げ一択のところもあります。

たたみ仕上げでオススメの宅配クリーニング

たたみ仕上げをしたいのであれば、リネットかネクシーがオススメ。

宅配クリーニングは、いくつかまとめて出したほうがお得になる可能性が高いです。

リネットとネクシーも、単品から頼めますが送料が無料になるラインが決まっているため、ワイシャツ以外のクリーニングも頼むようにしましょう。

リネット

リネット,口コミ,TOP
最低料金 319円(税込)/1点
最短仕上げ日数 最短2日
保管サービス 最大8ヶ月
送料 11,000円以上で無料
パック・単品 どちらも可
再仕上げサービス お届け日から7日以内
対応エリア 全国
発送方法 自宅集荷・コンビニ発送
支払い方法 クレジットカード・代金引換

\初回送料無料!/
リネット公式サイトはコチラ

リネットではワイシャツを1枚からでもクリーニングが頼めます。

初めての方に特にオススメの宅配クリーニングであり、お得なキャンペーンが魅力的です。

初めてなら送料無料ですから、お試しにも最適ですよ。

有料会員になれば、さらにお得にクリーニングしてもらえます。

ネクシー

ネクシー,TOP
最低料金 363円(税込)/ワイシャツ1点
最短仕上げ日数 最短6日
保管サービス 最大7ヶ月
送料 7,000円以上の利用で無料(プリモ会員なら4,000円以上)
パック・単品 どちらも可(保管はパック)
再仕上げサービス お届け後7日以内
対応エリア 全国
発送方法 自宅集荷・コンビニ集荷
支払い方法 クレジットカード・代金引換・後払い決済

\プリモ会員なら10%OFF!/
ネクシー公式サイトはコチラ

宅配クリーニングはよくわからないから不安…。

そんな方にオススメしたいのがネクシーです。

古き良きクリーニング店と最新の宅配クリーニングがミックスされたサービスであり、使いやすさは抜群。

シミ抜きにも定評がありますよ。

まとめ~たたみ仕上げでクリーニング!~

クリーニング,たたみ仕上げ

今回の内容をまとめると下記の通りです。

たたみ仕上げは…

  • 料金相場は450円前後
  • 持ち運びに向いている
  • 収納がコンパクト
  • ハンガーがたまらない
  • 襟元まできっちりつぶれない
  • 料金がかかる
  • たたみじわがつくことも

迷ったらたたみ仕上げを頼むのがオススメです。

まだたたみ仕上げを利用したことがない方は、ぜひ1度頼んでみることをオススメします。

また宅配クリーニングであれば、家で受け取れるため持ち運ぶ最中にしわくちゃになってしまう恐れもありません。

お気に入りの宅配クリーニングを探してみてくださいね。

自宅にいたままクリーニングなら『リネット』
リネット