洗濯お役立ちコラム

クエン酸で洗濯すれば気になるニオイが消える!柔軟剤代わりにもなる使い方

「洗濯でクエン酸が効果的って本当?」

「クエン酸を洗濯にどう使えばいいの?」

世の中には様々な洗剤や柔軟剤が売られています。

そんな中、洗剤としても柔軟剤としてもクエン酸が万能であることはご存じですか?

食べ物に含まれるクエン酸は、薬局などで白い粉末として売られています。

家に1つ常備しておくと、洗濯において心強い味方となってくれるのです。

今回は、クエン酸の効果と洗濯での使い方をご紹介します。

普段の洗濯に取り入れれば、より綺麗でふんわりとした仕上がりにできますよ。

【今回の記事でわかること】

  • クエン酸とは
  • クエン酸で洗濯するメリット
  • クエン酸で洗濯する正しい方法
  • クエン酸で洗濯槽を洗う方法
  • 洗濯でクエン酸を使う時の注意点

クエン酸とは

クエン酸,洗濯,レモン

クエン酸は何か、と聞かれると「食べ物に含まれている成分」「酸っぱいもの」と答える方が多いかと思います。

実際その通りで、クエン酸はレモン・みかん・グレープフルーツといったかんきつ類や梅干しなどに含まれる成分です。

それらの酸味成分こそがクエン酸であり、体内で糖を代謝しエネルギーに変えてくれるわけです。

またキレート作用といって、身体の疲労物質を分解・体内の蓄積も防止と疲れにくくなる作用も持っています。

体に良い効果がたくさんあるクエン酸、洗濯にもよく使われる万能素材です。

なぜ洗濯にも効果的なのでしょうか。

洗濯に効果的なクエン酸

クエン酸は酸性の物質です。

いわゆる手垢や黄ばみといった汚れはアルカリ性であり、だからこそ酸性であるクエン酸が効果的だといえます。

反対のアルカリ性の汚れを中和して、落としてくれるわけですね。

またクエン酸には消臭効果もあり、洗濯をするうえではとても嬉しい物質なのです。

食べ物に含まれているからこそ、口に入っても問題のない安心さも嬉しいポイント。

洗濯だけに限らず、普段のお掃除にも使える万能さが魅力的です。

重曹,洗濯
重曹で綺麗にお洗濯!重曹だけで洗えばいいの?どんな効果があるの?「重曹は洗濯に使えるってホント?」 「どうやって重曹を使えばいいの?」 ナチュラルクリーニングとして有名な重曹。 名前...

クエン酸で洗濯するメリットとは

洗濯機,つけおき洗い,笑顔

わざわざクエン酸で洗うのは、なんだか大変そうなイメージを持ってしまうかもしれません。

クエン酸で洗濯するメリットを知って、通常の洗剤や柔軟剤とに違いを明らかにしておきましょう。

クエン酸で洗濯するメリット
  • 洗剤かつ柔軟剤として使える
  • 通常の洗濯洗剤の残りカスを落とせる
  • 無臭
  • 黄ばみや雑菌の繁殖を防げる

メリット①洗剤かつ柔軟剤として使える

汚れを落とす洗剤としてだけではなく、仕上げをふんわりとさせる柔軟剤の効果もクエン酸にはあります。

柔軟剤と比べてクエン酸のほうが肌に優しく、赤ちゃんでも安心して使えるのが大きなメリット。

また柔軟剤は使い続けると吸水性を落としていくため、クエン酸であればタオルや衣服も長持ちします。

数滴のアロマオイルとともにクエン酸を使えば、自分好みの香りに仕上げることもできますよ。

赤ちゃん,洗濯
赤ちゃんの洗濯物はいつまで分けて洗うべき?洗う時に気を付けたいポイント 監修:河野真希|家事アドバイザー 生まれたばかりの赤ちゃんの肌は繊細です。そんな赤ちゃんが身につける洋服は、洗濯にも気を使...

メリット②通常の洗濯洗剤の残りカスを落とせる

柔軟剤として使えるクエン酸には、もう一つの嬉しい効果があります。

それは洗濯洗剤の残りカスをしっかり落とせること。

多くの洗濯洗剤がアルカリ性であるため、酸性のクエン酸で中和させ落とすことができるのです。

それによって洗濯物のゴワゴワ感をなくし、ふわふわな仕上がりにしてくれます。

メリット③無臭

消臭効果もあるクエン酸ですが、なにより嬉しいのがクエン酸自体は無臭であることです。

同じ酸性のもので洗濯に使える「お酢」は、柔軟剤代わりとして使えますが独特のニオイがついてしまうことも。

クエン酸であれば、臭いを消す代わりに違う香りがつくこともないため、安心して洗濯に使うことができます。

普段の洗濯では消しきれない嫌なニオイも、クエン酸なら落とせますよ。

汗,洗濯,女性
汗染みを洗濯で落とすコツ!5分で終わる効果的な洗い方と汗染み防止策「服の汗染みが洗濯しても落ちない…」 「汗染みができないようにするにはどうしたらいいの…?」 汗をかくと服にできてしまう汗染...

メリット④黄ばみや雑菌の繁殖を防げる

洗剤や石鹸の残りカスを放っておくと、黄ばみの原因となります。

クエン酸を使えば残りカスを落とせますから、衣服が黄ばんでしまうこともありません。

また酸性であるクエン酸には、雑菌の繁殖を抑える力もあります。

雑菌は洗濯物の生乾きの嫌なニオイを出す元凶。

クエン酸で洗濯物を洗えば、生乾きのニオイも防げますよ。

生乾き臭
生乾き臭の原因は雑菌!洗濯物についた嫌な臭いを消す9つの方法 監修:河野真希|家事アドバイザー 「ちゃんと洗ったはずの洋服がクサい!」「部屋干ししたタオルがニオう」…そんな洗濯物の生乾...

クエン酸で洗濯する正しい方法

襟汚れ,白い粉

食べるだけでなく、洗濯するときにも様々な効果を発揮してくれるクエン酸。

さっそく洗濯での使い方を確認していきましょう。

洗剤代わりに使う方法と、柔軟剤代わりに使う方法をご紹介します。

クエン酸で洗濯する正しい方法
  • 洗剤代わりにクエン酸で洗濯する方法
  • 柔軟剤代わりにクエン酸で洗濯する方法

洗剤代わりにクエン酸で洗濯する方法

【用意するもの】

  • クエン酸
  • 洗剤
  • 柔軟剤

【手順】

  1. 洗濯機に水をため、クエン酸を溶かしておく
  2. 洗濯物を入れて洗濯する
  3. 再度、洗剤と柔軟剤を使って洗濯する

クエン酸は、水10Lに対して10gの割合で溶かしてください。

気をつけておきたいのが、クエン酸と洗剤を同時に使わないことです。

酸性とアルカリ性が中和してしまうため、どちらの良い効果も消しあってしまい無意味になってしまうことに。

先にクエン酸だけで洗濯し、あとから通常通りに洗濯するようにしてください。

時間がない場合は、クエン酸の洗濯まででも十分です。

より綺麗に仕上げたいときに、通常通りの洗濯を行うようにしましょう。

柔軟剤代わりにクエン酸で洗濯する方法

【用意するもの】

  • クエン酸
  • 洗剤

【手順】

  1. 洗剤で通常通り洗濯する
  2. すすぎが終わる前に一時停止する
  3. クエン酸を投入
  4. 再度洗濯機を動かす

クエン酸を柔軟剤として使う場合、洗濯機を途中で止める必要があります。

タイマーをセットするなどして、すすぎが終わってしまう前に一時停止ボタンを押すようにしてください。

すすぎが始まった段階ではなく、終わる手前で止めるのがコツ。

洗濯機の水が透明になっていれば、クエン酸を入れるタイミングです。

クエン酸は水10Lに対して、1gの割合で投入してください。

あとは通常通りのお洗濯で大丈夫です。

途中で止めるのが面倒な方は、洗濯機にある柔軟剤投入口に、水に溶かしたクエン酸を入れましょう。

洗濯機ではなく、手洗いでもクエン酸は使えますよ。

手洗い,洗濯,風呂場
手洗いで洗濯する方法8選!意外と知らない正しい洗い方と干し方「洗濯は手洗いですべきなの?」 「脱水や干し方はどうすればいいの?」 洗濯機にまとめて入れて、洗剤と柔軟剤を入れてボタンを押...
つけ置き洗い,衣服
【つけ置き洗いのやり方】正しい洗い方や洗濯のコツ、つけ置く時間は?「つけ置き洗いで本当に汚れは落ちるの?」 「どれくらいつければいいの?」 頑固な汚れを落とすときや、デリケートな衣類を洗う時...

クエン酸で洗濯槽を洗おう

洗濯機,ティッシュ,洗濯槽

クエン酸の魅力は、洗濯で使えることだけではありません、

なんと洗濯槽を洗うこともできるのです。

汚れが知らない間に溜まりやすい洗濯槽、気付けばカビが生えているなんてことも…。

クエン酸で定期的に洗濯槽を綺麗にしてあげましょう。

クエン酸で洗濯槽を洗う方法

【用意するもの】

  • クエン酸

【手順】

  1. 洗濯槽についているゴミ取りネットを外す
  2. 限界まで水を張る
  3. クエン酸を投入する
  4. 通常の洗いコースで洗う

クエン酸は、水10Lに対して10gの割合で入れましょう。

汚れがひどい場合は、多少多めにしても問題はありません。

洗濯槽は、毎日のようにアルカリ性の洗剤が溶けた水にさらされているもの。

アルカリ性の汚れがたまりやすいため、酸性のクエン酸が効果的なのです。

まずは洗濯槽にも優しいクエン酸で綺麗にして、それでも落ちないがン粉汚れには塩素系の漂白剤を使いましょう。

洗濯でクエン酸を使う時の注意点

クエン酸は洗濯にも使えますが、なんとなく使っていては効果が発揮されないことも。

注意点をしっかり守って、正しく使うようにしましょう。

洗濯でクエン酸を使う時の注意点
  • たまに使うくらいがちょうどいい
  • 洗剤と混ぜない
  • 塩素系漂白剤と混ぜない

注意点①たまに使うくらいがちょうどいい

クエン酸はあくまでもたまに使うくらいの頻度がオススメです。

毎日クエン酸だけで洗濯してしまうと、通常の洗剤でしか落とせない汚れを落とすことができないことに。

洗剤は今まで通り使いつつ、補助的にクエン酸を使うイメージです。

衣服にニオイがついてきたなと感じたらクエン酸を使うようにしましょう。

洗濯機,つけおき洗い
洗濯機でつけおき洗い!正しいやり方・コツ・注意点を解説「洗濯機でつけおき洗いってしてもいいの?」 「どうやってやるのがラク?」 気になる汚れやニオイを落としたいときに効果的なつけ...

注意点②洗剤と混ぜない

洗剤とクエン酸を混ぜてしまうと、中和が起きて洗浄効果が落ちてしまいます。

せっかく使ったのに汚れが落ちないという結果になるため、洗剤とクエン酸は混ぜないようにしましょう。

クエン酸はクエン酸だけで使うことがポイントです。

きちんと使い分けるようにしてくださいね。

注意点③塩素系漂白剤と混ぜない

絶対に混ぜてはいけないのが、塩素系漂白剤です。

クエン酸と塩素系漂白剤を混ぜると、身体に有毒なガスが発生する恐れがあります。

塩素系漂白剤と混ざるタイミングは基本ありませんが、使ううえで注意しておきたいですね。

漂白剤,ピンク
漂白剤によってピンク色になってしまった服の戻し方!変色の原因は?「漂白剤を使ったら服がピンク色になった」 「どうやったらピンク色が落ちるの?」 白くするために漂白剤を使ったのに、逆にピンク...

まとめ~クエン酸で洗濯して衣服をキレイに~

クエン酸,洗濯,水

今回の内容をまとめると下記の通りです。

  • クエン酸はかんきつ類や梅干しなどに含まれる成分
  • クエン酸は酸性の物質
  • アルカリ性の汚れを中和して落としてくれる
  • クエン酸には消臭効果もある
  • 口に入っても問題のない安心さ
  • 洗濯だけに限らず普段のお掃除にも使える万能さ
  • 洗剤かつ柔軟剤として使える
  • 洗う時に使うなら水10Lに対してクエン酸10g
  • 柔軟剤として使うなら水10Lに対してクエン酸1g
  • 洗濯槽もクエン酸で洗える
  • たまに使うくらいがちょうどいい
  • 洗剤と混ぜない
  • 塩素系漂白剤と混ぜない

クエン酸は洗濯でも掃除でも使える万能な物です。

とはいえ、洗濯に使うのであればたまに使うくらいの頻度がオススメ。

普段の洗濯では落としきれない汚れやニオイを落としたいときに使うようにしましょう。

クエン酸でも落としきれない場合は、クリーニングを頼ってくださいね。

リネット口コミ評判
リネットの口コミ・評判は最悪!?口コミ7件とサービス特徴を徹底解説!「リネットの口コミがひどいって本当?」 「実際のところどうなの?」 宅配クリーニングは大切な衣類を業者に預けなくてはなりませ...
リナビス口コミ
リナビスの口コミ・評判は最悪?実際に利用した人の声を徹底検証!「リナビスの口コミ・評判って最悪なの?」 「宅配クリーニングはよくないって聞いたけど……」 良くない噂も多い宅配クリーニング...