洗濯お役立ちコラム

カーディガンのクリーニング料金は?オプション料金も紹介

カーディガンのクリーニング料金は?オプション料金も紹介

※本ページにはPRが含まれます。

カーディガンをクリーニングしたい方のために、クリーニング料金を調査しました。

さらに、カーディガンに付けられるオプションの料金についても書いていますよ。

クリーニングには色々な形態がありますが、それぞれの特徴についてもまとめています。

どのお店に頼もうか迷っている方も、ぜひ参考にしてみてください。

【この記事で分かること】

  • カーディガンのクリーニング料金
  • カーディガンにつけられるクリーニングオプションの料金相場
  • カーディガンの洗濯・クリーニング頻度
  • カーディガンにおすすめの宅配クリーニング
  • カーディガンを自宅で洗濯する方法
  • カーディガンのお手入れ・保管方法

カーディガンのクリーニング料金

カーディガンのクリーニング料金カーディガンクリーニングの料金をまとめました。

以下の表は、持ち込み店舗型・単品料金の宅配型・パック料金の宅配型で比較しています。

単品料金制のお店は1着から、パック料金制のお店は通常5点程度から注文可能です。

パック料金制のお店は、依頼枚数が増えると1着あたりの料金が安くなる傾向があります。

サービス名 店舗 宅配(単品料金) 宅配(単品・パック) 宅配(パック料金)
ホワイト急便_ロゴ_宅配 白洋舍_ロゴ リネット クリコム_ロゴ クリーニングパンダ ヤマトヤクリーニング
最低枚数での料金 450円
※東京足立エリア
825円 880円 770円 1,210円/1点
9,900円/3点
9,790円/5点+1点おまけ
デリケート素材の料金 見積もり 1,650円 1,100円 1,540円
1着あたりの最低料金 450円 825円 880円 770円 1,155円
※20点パックの場合
880円
※20点パックの場合
毛玉取り 見積もり 1分間無料 +1,100円
※単品・DXパックは無料
無料

カーディガンのクリーニング料金は、店舗型クリーニングなら600円前後です。

宅配クリーニングの場合は、800円程度になります。

通常のカーディガンクリーニング料金は、持ち込みできる店舗の方が安いです。

カーディガンクリーニングの料金:デリケート素材

デリケート素材のカーディガンは、追加料金がかかる場合が多いですよ。

店舗型は見積もり料金になったり、通常料金の倍になるお店がほとんど。

一方でパック料金制のお店なら、デリケート素材でも通常料金と変わらないお店が多数です。

カーディガンクリーニングの料金:毛玉取り

カーディガンの気になる毛玉は、クリーニングで除去できるお店があります。

店舗型クリーニングでは、ほとんどのお店で見積もり料金になるため明確な料金は分かりません。

宅配型クリーニングの毛玉取りは、無料サービスになるお店も多いです。

カーディガン用クリーニングオプションの料金相場

カーディガン用クリーニングオプションの料金相場クリーニングオプションの料金相場も調査しました。

カーディガンに付けられる主なオプションは以下の通りです。

カーディガン用クリーニングオプション
  • 防虫加工
  • 撥水加工
  • 静電気防止加工
  • 毛玉取り
  • 特殊シミ抜き

防虫加工

カーディガンの虫食いを防ぐための防虫加工は、おおよそ500円前後です。

クリーニング店によっては、「クリーニング料金の2倍」のような料金になることもあります。

撥水加工

撥水加工オプションの料金相場は、500~1,000円になります。

撥水加工をつけると、雨や汗だけでなく汚れも付きにくくなります。

洗濯頻度を減らせるので、カーディガンにおすすめのクリーニングです。

静電気防止加工

ニット素材の衣類は、静電気に悩むことも多いでしょう。

帯電しないようにする「静電気防止加工」のオプション料金は、500円程度です。

毛玉取り

毛玉取りの料金は、毛玉の範囲・状態によってかなり差があります。

基本的には見積もりになる場合が多いため、正確な料金相場は分かりません。

お店によっては高額になったり、そもそもできない場合もあります。

特殊シミ抜き

特殊シミ抜きも、シミの範囲によって料金が変わります。

クリーニングに出せば自動的にシミ抜きをしてくれるわけではなく、追加料金になる場合がほとんどです。

小さいシミなら、500円程度で綺麗にしてくれるでしょう。

ただし、頑固なシミの場合はかなり高額になることも。

クリーニング料金よりもシミ抜き代の方が高くなった、というケースも見受けられます。

カーディガンのクリーニング頻度

よく着る場合は、月に1回のクリーニングが望ましいです。

着る頻度が少なければ、ワンシーズンに2回程度のクリーニングで問題ありません。

汚れやニオイが気になる場合は、放置するとカーディガンが劣化する可能性があります。

そういった場合は、頻度に関わらずクリーニングに出すことをおすすめします。

カーディガンにおすすめの宅配クリーニング

カーディガンをクリーニングに出すなら、宅配クリーニングもおすすめですよ。

自宅まで荷物を取りに来てくれるので、クリーニングの手間がかかりません。

近所にクリーニング店が無い方や、大量の腹をまとめて出したい人にも最適です。

また、宅配なら毛玉取り・シミ抜き・静電気防止加工などのオプションが無料になるお店も多いのがメリット。

ここからは、カーディガンにおすすめの宅配クリーニングを厳選して紹介します!

カーディガンにおすすめの宅配クリーニング
  • リネット
  • クリコム
  • クリーニングパンダ
  • クリーニングモンスター
サービス名 リネット クリコム クリーニングパンダ クリーニングモンスター
リネット クリコム_ロゴ クリーニングパンダ ヤマトヤクリーニング
最低料金 880円 770円 1,210円/1点
9,900円/3点
9,790円/5点+1点おまけ
1着あたりの料金 880円 770円 3,300円 1,631円
保管サービス 最大8ヶ月
の保管有
最大15ヶ月
無料
最大10ヶ月
無料
撥水加工 +440円 +1,100円 撥水加工コース有
静電気防止加工 +440円 無料
毛玉取り 1分間無料 +1,100円
※単品・DXパックは無料
無料
シミ抜き 無料 無料
特殊シミ抜きも有
無料
特殊シミ抜きも有
不入流シミ抜き無料

リネット

リネット
最低料金 484円(税込)/1点
最短仕上げ日数 最短2日
保管サービス 最大8ヶ月
送料 8,800円以上で無料
パック・単品 どちらも可
再仕上げサービス お届け日から30日以内
対応エリア 全国
発送方法 自宅集荷・コンビニ発送
支払い方法 クレジットカード・代金引換

\5点以上で初回最大40%OFF!/
リネット公式サイトはコチラ

撥水加工 静電気防止加工 毛玉取り シミ抜き
+440円 +440円 1分間無料 無料

リネットは魅力的なオプションが豊富な宅配クリーニングです。

カーディガンに嬉しい撥水加工や静電気防止加工も、追加オプションになっていますよ。

また、クリーニングでは、全品シミ抜きと1分間の毛玉取りが無料になります。

さらに最短2日で仕上げてくれるのも大きなメリットです。

リネットのクリーニング料金

クリーニングアイテム 料金
カーディガン 通常 880円
手仕上げ 1,430円
デリケート素材 +220円
一部革素材 +220円
装飾品・レース・フリル・プリーツ +220円

1着から注文できる「単品料金制」がリネットの特徴です。

リーズナブルな通常料金に、必要なオプションを追加していきます。

カシミヤ・アンゴラ・シルクなどの素材が30%以上使われたカーディガンは、追加料金がかかるので注意してください。

初回は30%OFFなので、初めての宅配クリーニングでも使いやすいですよ。

クリコム

クリコム,評判出典:https://cl-takuhai.com/

最低料金 330円(税込)/1点
最短仕上げ日数 最短5日
保管サービス
送料 4,400円以上で無料
パック・単品 単体のみ
再仕上げサービス
対応エリア 全国
発送方法 自宅集荷・コンビニ発送
支払い方法 クレジットカード・代引き決済

\4,400円以上利用で送料無料!/
クリコム公式サイトはコチラ

撥水加工 静電気防止加工 毛玉取り シミ抜き
無料
特殊シミ抜きも有

シミ抜き特化型のクリーニング店をお探しなら、クリコムがおすすめです。

クリーニング料金には、基本のシミ抜きが含まれています。

高品質な特殊シミ抜きコースも追加可能なので、頑固なシミがついた服に最適。

シミ抜きコースだけでも大きく分けて4つあり、国家資格保持者が手掛けるので安心感があります。

色落ち部分の補正にも対応しており、色褪せてしまったお気に入りのカーディガンを蘇らせることも可能です。

クリコムの料金

クリーニングする衣類 料金
カーディガン 通常 770円
DX 1,540円

クリーニングは単品料金制なので、1着から依頼できます。

通常コースなら770円とかなり安いですよ。

高級素材やブランド品は、通常価格の2倍料金で受け付けています。

クリーニングパンダ

クリーニングパンダ,口コミ評判出典:https://koshiba-cl.com/

最低料金 550円(税込)/ワイシャツ
最短仕上げ日数 最短5営業日
保管サービス 最大15ヶ月
送料 9,000円以上で無料
パック・単品 どちらも可
再仕上げサービス 到着後一週間以内で無料
対応エリア 全国
発送方法 自宅集荷
支払い方法 クレジットカード
キャンペーン情報
  • 新規登録で550円分のすぐに使えるポイントをプレゼント!
  • 注文後の獲得ポイントが最大の5倍
【クーポンコード】

■クーポンコード:newpoint10

\当サイト限定!新規注文で最大ポイント10倍/
クリーニングパンダ公式サイトはコチラ

撥水加工 静電気防止加工 毛玉取り シミ抜き
+1,100円 無料 +1,100円
※単品・DXパックは無料
無料
極美流シミ抜きも有

クリーニングパンダは、無料特典・追加オプションが豊富なクリーニング店です。

最大15ヶ月の保管サービスや基本のシミ抜きに加え、カーディガンに嬉しい「静電気防止加工」も無料でついています。

プレミアム汗抜き加工・防汚撥水加工・プレミアムカビ取り・特殊シミ抜き「極美流」などはオプションで追加できますよ。

クリーニングパンダの料金

コース(保管付き) 料金
カーディガン 1,210円
スタンダード衣類3点パック 9,900円
(1着あたり3,300円)
スタンダード衣類5点パック 10,450円
(1着あたり2,090円)
スタンダード衣類10点パック 14,850円
(1着あたり1,485円)
スタンダード衣類15点パック 19,800円
(1着あたり1,320円)
スタンダード衣類20点パック 23,100円
(1着あたり1,155円)

単品・パックの両方選べるのがクリーニングパンダの特徴です。

さらにパックは「スタンダード」「デラックス」に分かれており、どんなアイテムでも依頼しやすいのがメリット。

単品コースと「デラックス」パックコースには、毛玉取りと防虫防カビカバーが特典で付いてきます。

依頼するカーディガンの枚数や状態に合わせたコースを選べるのが魅力です。

クリーニングモンスター

クリーニングモンスター出典:https://cleaningmonster.jp/

最低料金(衣類) 9,790円(税込)/5点
最短仕上げ日数 最短4営業日
保管サービス 最大10か月
送料 無料(一部有料)
パック・単品 パックのみ
再仕上げサービス お届けから10日以内は無料
対応エリア 全国
発送方法 自宅集荷
支払い方法 クレジットカード・代金引換

\保証・加工・サービス全て0円!/
クリーニングモンスター公式サイトはコチラ

撥水加工 静電気防止加工 毛玉取り シミ抜き
撥水加工コース有 無料 不入流シミ抜き無料

クリーニングモンスターは、多彩な無料特典が魅力的です。

特殊シミ抜き「不入流」や、汗抜き加工・消臭加工・高級ブランドDX仕上げ・毛玉取り
・簡易ほつれ直し・ボタン付け・高級リンス加工が全て無料になります。

特に「不入流」のシミ抜きは、他店ではほぼ有料扱いになるオプションです。

高品質なシミ抜きを試してみたい方にもおすすめですよ。

クリーニングモンスターの料金

5点パック
+1点無料
10点パック
+2点無料
15点パック
+3点無料
20点パック
+5点無料
クリーニングのみ 9,790円
(1着1,632円)
13,200円
(1着1,100円)
18,150円
(1着1,009円)
22,000円
(1着880円)
撥水加工付 13,640円
(1着2,273円)
20,900円
(1着1,742円)
29,700円
(1着1,650円)
37,400円
(1着1,496円)
抗ウイルス加工付
撥水+抗ウイルス加工付 15,290円
(1着2,548円)
24,200円
(1着2,017円)
34,650円
(1着1,925円)
44,000円
(1着1,760円)

クリーニングモンスターはパック料金制になります。

洗うだけのパックに加え、撥水・抗ウイルス加工が付いたコースから選べますよ。

どのパックを選んでも、数着おまけで無料対応になるのも注目ポイント。

20点パックなら25点まで洗えるため、1着のクリーニング代がかなり抑えられます。

カーディガンは毎回洗濯すべき?

カーディガンを清潔に保つために、着用する毎に洗うべきか迷う方も多いでしょう。

結論から言いますと、カーディガンを毎回洗うのは避けたほうが良いです。

服の上から羽織るアイテムのため、そこまで汚れません。

しかも、ニット素材は洗濯すると毛玉ができやすくなります。

カーディガンを長持ちさせるためにも自宅での洗濯は、5回着る毎に1回洗う程度に留めましょう。

ただし、汚れてしまった場合はすぐに洗ってくださいね。

カーディガンを自宅で洗濯する方法

カーディガンを自宅で洗濯する時のポイントを解説します。

①洗濯表示をチェック

洗濯表示_水洗い洗濯前に、カーディガンについている洗濯表示タグをチェックしましょう。

桶や洗濯機のマークに✕がついている場合は、自宅で洗濯ができません。

クリーニング店に依頼して洗ってもらってください。

水洗い可能なカーディガンなら、洗濯機・手洗いのどちらで洗えるのかを確認します。

それでは、洗濯表示タグに従ってカーディガンを洗っていきましょう。

②手洗いの場合

手洗いの場合は、洗面器やバケツを用意してください。

【カーディガンを手洗いする手順】

  1. ぬるま湯を洗面器にためる
  2. おしゃれ着用の洗剤を規定量入れ、軽く混ぜる
  3. カーディガンを沈め、押し洗いする

ぬるま湯は、洗剤表示の上限温度を超えないようにしましょう。

ゴシゴシこすると毛玉になるため、優しく押すように洗ってください。

③洗濯機OKの場合

洗濯機で洗えるカーディガンなら、洗濯ネットを用意しましょう。

【カーディガンを洗濯機で洗う手順】

  1. カーディガンを洗濯ネットに入れる
  2. おしゃれ着用の洗剤を洗濯機に投入する
  3. カーディガンを入れ、「おしゃれ着用コース」などで洗濯する

洗濯機で洗えるカーディガンであっても、洗濯コースには気をつけてください。

「おしゃれ着用コース」がない場合は、別の名前の場合もあります。

お使いの洗濯機の、優しく洗えるコースで洗濯してください。

④脱水

手で絞ると、カーディガンが変形するのでやめてください。

手洗いの場合でも、脱水だけは洗濯機を使っても良いでしょう。

ただし脱水は、洗濯ネットに入れて短時間で行ってください。

洗濯機を使わないで脱水したい方は、バスタオルで包んで優しく水気を取ってくださいね。

⑤乾燥

カーディガンを乾かす時は、平干しがおすすめです。

平干し用ネットを使うと型崩れを起こしにくく、乾きやすいですよ。

ハンガーを使う場合は、肩部分が分厚いハンガーにかけましょう。

カーディガンのお手入れ方法

カーディガンの洗濯やクリーニングは、毎回でなくても良いとお伝えしました。

その代わり、着用後のお手入れはしっかりやっておきましょう!

カーディガンのお手入れ方法
  • ブラッシング
  • 湿気を飛ばす
  • 汚れはすぐに対処

ブラッシング

ブラッシングをしてカーディガン表面の汚れを落とします。

カーディガンを1日着た後は、細かいホコリや花粉などが付着していますよ。

衣類用のブラシを使って表面を優しく撫でて、その日の内に汚れを落としましょう。

ブラシを持っていない方は、1つ持っておくことをおすすめします。

色々な衣類のお手入れに使えますよ。

湿気を飛ばす

カーディガンが湿気を含んだままクローゼットにしまうと、カビの原因になります。

着用後はカーディガンが体の汗を吸っているため、必ず乾かしてからしまいましょう。

ハンガーなどにかけて、1時間程度干しておくだけで大丈夫ですよ。

汚れはすぐに対処

食べこぼしなどの汚れがついたら、すぐに取り除いてください。

カーディガンについたシミは、時間が経つとどんどん落としにくくなります。

早めに対処することで、シミを残さず綺麗に落とすことも可能ですよ。

カーディガンの保管方法

カーディガンを着ない時期は、正しい保管方法でしまう必要があります。

3つのポイントに気をつけて、次のシーズンも気持ちよく着ましょう。

カーディガンの保管方法
  • ビニールは取る
  • 防虫剤を置く
  • 湿気対策する

ビニールは取る

クリーニングに出した後なら、ビニールがついていることが多いでしょう。

ホコリを防げるのでつけたままにしたくなりますが、長期保管時は外してください。

ビニールは通気性が無いので、空気がこもってカーディガンを傷めてしまうことも。

空気を通してホコリから守れる「不織布カバー」などに付け替えましょう。

防虫剤を置く

長期保管中には、虫食い被害が起きやすいです。

保管場所に防虫剤を置いておきましょう。

然繊維のカーディガンは、虫食いが起きやすいので特に注意が必要です。

湿気対策する

最後に、湿気対策は必ず行ってください。

保管場所の湿気が高いと、カーディガンにカビが生えてしまいます。

除湿剤をクローゼットに入れて、湿気を吸い取りましょう。

湿気が高くなる夏は、定期的に換気を行うと保管場所のカビが発生しにくくなりますよ。

カーディガンクリーニングの料金相場は約800円!

まとめ_カーディガンカーディガンクリーニングの料金相場は、以下のとおりです。

クリーニング 通常の料金相場 デリケート素材の料金相場
持ち込み店舗 600円 見積もり
宅配(単品料金制) 800円 1,300円
宅配(パック料金制) 1,300円

店舗・宅配それぞれにメリット・デメリットがあります。

  • 持ち込み店舗は通常のクリーニング料金が、一番安いがオプションが少ない
  • 宅配型はシミ抜きや毛玉取りなどの無料特典が豊富だが、店舗と比べて高い
  • 単品料金は通常料金なら安いが、デリケート素材は追加料金がかかる
  • パック料金はカーディガン単体だけなら割高だが、他の衣類も洗うとお得

料金だけでなく、シミ抜き・毛玉取り・静電気防止加工・保管などのオプションサービスも考慮してお店を選びましょう!

ABOUT ME
WashTimes編集部
宅配クリーニングのオススメ比較から、日常の洗濯に関するお役立ち情報まで、“清潔な暮らし”を提案する総合情報メディア。
スマホで簡単、宅配クリーニングなら『クリコム』
クリコム