洗濯お役立ちコラム

キャップの汗染みを落とす方法!汗染みができないようにするコツは?

キャップの汗染みを落とす方法!汗染みができないようにするコツは?

※本ページにはPRが含まれます。

キャップは汗や皮脂が付着しやすいため、汗染みが発生しやすいですよね。

汗染みを放置すると見た目が悪くなるだけでなく、キャップの寿命を縮める原因にもなります。

そこで今回は、キャップの汗染みを落とす方法や汗染みができにくくするコツをまとめました!

キャップの汗染み対策におすすめの宅配クリーニングもご紹介しますので、気になる方はぜひチェックしてくださいね。

キャップの汗染みは洗濯機で落とせる?

キャップの汗染みを取るために、まずは丸洗いをしようと思う人も多いでしょう。

その際、洗濯機が使えたら簡単に洗えるので嬉しいですよね。

結論から言えば、キャップは洗濯機でも洗えるものもありますが、おすすめはしません。

洗濯表示タグで洗濯機のマークが描いてあれば、洗濯機での洗浄は一応可能です。

しかし、洗濯機では細かい部分まで洗えない場合があります。

また、洗濯機の力強い洗浄でキャップの繊維が傷んだり変形する可能性もあるため、手洗いがおすすめです。

レザーやウール、麻といった素材の場合は洗濯機NGの場合が多いため、洗濯表示タグにバツがついていたら絶対に洗濯機は使わないでください。

汗染みの付いたキャップを洗う方法

キャップは、汗や皮脂が付着して汗染みが発生しやすくなります。

汗染みがひどくなると、見た目が悪くなるだけでなく、キャップの寿命を縮める原因にもなります。

そのため、汗染みを見つけたら早めに落とすことが大切です。

ここでは、キャップの洗い方や使用道具をご紹介していきます。

使用道具

汗染みを取るために必要な道具は、以下のとおりです。

  • 洗面器
  • おしゃれ着用の中性洗剤
  • タオル
  • 歯ブラシ
  • 40℃程度のぬるま湯

おしゃれ着用中性洗剤は繊維に優しく、キャップを傷めずに洗うことができます。

ぬるま湯は汚れを浮かびやすくするために使用しますが、熱すぎるとキャップを傷めるので40℃程度のものにしましょう。

タオルはなるべく大きいものを用意しましょう。

フェイスタオルなどの小さいタオルしか無い場合は、数枚用意しておいてください。

また、汚れが強い場合は洗剤をシャンプーに変えてもOKです。

シャンプーはキャップについた皮脂汚れに効果的ですよ。

キャップを洗う手順

キャップを洗う手順は以下のとおりです。

  1. 歯ブラシに洗剤をつけて部分洗いする
  2. 洗面器にぬるま湯と中性洗剤を入れて溶かす
  3. キャップを20分漬ける
  4. 汚れが浮いてきたら歯ブラシでこする
  5. よくすすいでタオルで水気を取る
  6. 風通しの良い日陰で乾かす

①歯ブラシに洗剤をつけて部分洗いする

最初に、歯ブラシに少量の中性洗剤をつけて汗染み部分を軽くこすります。

あらかじめ洗剤をつけておくことで、汚れを浮かび上がらせることができますよ。

②洗面器にぬるま湯と中性洗剤を入れて溶かす

次に、洗面器にぬるま湯と中性洗剤を入れます。

軽く混ぜたらキャップを入れて沈めてください。

③キャップを20分漬ける

キャップを20分ほどつけ置きしてください。

じっくりつけることで全体に洗剤を行き渡らせます。

④汚れが浮いてきたら歯ブラシでこする

20分後、汚れが浮いてきたら歯ブラシでシミ部分をこすります。

なるべく軽い力でこするようにしてください。

⑤よくすすいでタオルで水気を取る

汚れが落ちたら、洗剤がキャップに残らないようによくすすいでください。

すすぎ残しがあると、黄ばみや傷みの原因になります。

その後、タオルでキャップを包んで、水気をよく吸い取ってください。

脱水や乾燥機は使用しないで、タオルでできる限り水気を切ることがポイントです。

⑥風通しの良い日陰で乾かす

最後に、風通しの良い日陰で自然乾燥させます。

直射日光は色褪せ・黄ばみの原因になるため、なるべく光が当たらないところに置きましょう。

ここでのポイントは、形を整えてから干すこと。

空洞部分に詰め物などをして、型崩れがおきないようにして下さい。

キャップを洗うときの注意点

キャップは意外とデリケートなアイテムです。

洗い方を間違えると、型崩れを起こすことがあるため注意が必要です。

キャップを洗うときの注意点について詳しく解説します。

洗濯表示をよく確認する

洗う前に洗濯表示をよく確認してください。

素材によっては水洗い不可のキャップもあります。

水洗いできないキャップを洗ってしまうと、取り返しの付かない変形を起こすおそれがあります。

丸洗いする際は、必ず洗濯表示に従ってください。

ゴシゴシこすらない

キャップの汗染みを落とそうとして、力いっぱいでゴシゴシとこすってしまうのはNGです。

力任せの洗い方は、キャップの繊維を傷める可能性があります。

スレ・破れを引き起こし、キャップの寿命を縮めてしまうため、洗う際は優しくこするようにしてください。

脱水機能や乾燥機は使わない

洗濯機の脱水機能や乾燥機は、キャップには使用しないでください。

洗濯機や乾燥機に入れるとキャップが型崩れを起こし、繊維にも負担をかけます。

洗濯後はタオルで包んで水分を取り除き、最後に自然乾燥で乾かしてください。

乾かす時に形を整える

キャップを乾かす際には、形が崩れないよう注意が必要です。

例えば、中にボウルを入れたり、タオルを丸めて入れるなどして形を整えましょう。

型崩れを起こさないための中に入れるグッズなども売られていますよ。

この工程を怠ると、形が崩れた状態で固定され、再度整えるのが大変になります。

繊細な素材のキャップは専用洗剤を使う

ウールやシルクなど、繊細な素材のキャップには特別なケアが必要です。

通常の洗剤を使うと変質してしまう可能性が高いため、専用の洗剤を使ってください。

ウール用やシルク用の洗剤はネットなどで簡単に手に入りますよ。

キャップに汗染みをつけないためには

着用するたびに汚れて汗染みができると、毎回洗わないといけないので大変ですよね。

忙しい毎日を過ごす方なら、なるべく手間は減らしたいものです。

そこでここでは、キャップに汗染みをつけないための対策をご紹介します。

キャップに汗染みをつけないための対策
  • 防水スプレーをかける
  • ヘッドバンドをつける
  • 重曹を振りかける
  • 定期的に洗う

防水スプレーをかける

防水スプレーは、キャップの汗染みを防ぐのに有効です。

雨だけでなく、頭や額から出る汗も弾いてくれるので、キャップが汚れにくくなります。

防水スプレーはキャップ全体に2~3回重ねて塗ることで、汗染み防止の効果が高くなりますよ。

キャップの素材によってはスプレーが使用できない場合もあるので、事前に確認が必要です。

ヘッドバンドをつける

ヘッドバンドを使うことで、汗が顔から滴り落ちる前に吸収してくれます。

特にスポーツ時や長時間の外出など、汗をかきやすいシーンにおすすめです。

現在は、スポーツ用品店やファッションストアでさまざまなデザインのヘッドバンドが販売されていますよ。

重曹を振りかける

重曹は、吸湿性が高く、汗や皮脂汚れを落とす効果があります。

キャップを脱いだ後に少量の重曹をキャップの内側に振りかけておくだけで、汗を吸収してくれるので汗染みを防げますよ。

重曹を振りかけた後、しばらく放置してからブラシなどで落とすとより効果的です。

ただし重曹は白い粉なので、色の濃いキャップに使う際は目立つ可能性があるので注意してください。

定期的に洗う

汗染みを未然に防ぐには、定期的なケアが欠かせません。

毎日のようにキャップを着用する方は、週に一度は洗うようにしましょう。

綺麗に保つことで、汗染み予防だけでなくお気に入りのキャップを長持ちさせることにも繋がります。

汗染みが落ちない場合はプロに頼もう

「自宅でシミ抜きをしてみても落ちなかった…」
「汗は落ちたけど、ニオイが気になる!」

自力ではどうにもできなかった汗染みやニオイがある場合は、クリーニングで洗ってもらうのが一番良いです。

また、撥水加工オプションなどもあるため、汗染み対策をすることも可能ですよ。

クリーニングの撥水加工は、市販のスプレーよりも効果が強く長持ちします。

キャップを洗えるおすすめの宅配クリーニングを集めたので、気になるお店があればぜひ活用してみてください!

汗染み落とし・対策におすすめの宅配クリーニング
  • リネット
  • クリーニングパンダ
  • リナビス

リネット

リネット
最低料金 484円(税込)/1点
最短仕上げ日数 最短2日
保管サービス 最大8ヶ月
送料 8,800円以上で無料
パック・単品 どちらも可
再仕上げサービス お届け日から30日以内
対応エリア 全国
発送方法 自宅集荷・コンビニ発送
支払い方法 クレジットカード・代金引換

\5点以上で初回最大40%OFF!/
リネット公式サイトはコチラ

リネットは、色々な帽子を洗えるのが魅力です。

スポーツキャップ・ニット帽・革製の帽子だけでなく、シェフの帽子や毛皮製のものまで幅広く対応できますよ。

また、帽子の種類で細かく料金が設定されているので、事前にコストが把握しやすいのも魅力です。

帽子に付けられる「撥水加工」オプションもあり、汗染み対策にもピッタリのお店ですよ。

クリーニングパンダ

クリーニングパンダ,口コミ評判出典:https://koshiba-cl.com/

最低料金 1,210円(税込)/帽子・キャップ・ニット帽
最短仕上げ日数 最短5営業日
保管サービス 最大15ヶ月
送料 9,000円以上で無料
パック・単品 どちらも可
再仕上げサービス 到着後一週間以内で無料
対応エリア 全国
発送方法 自宅集荷
支払い方法 クレジットカード
キャンペーン情報
  • 新規登録で550円分のすぐに使えるポイントをプレゼント!
  • 注文後の獲得ポイントが最大の5倍
【クーポンコード】

■クーポンコード:newpoint10

\当サイト限定!新規注文で最大ポイント10倍/
クリーニングパンダ公式サイトはコチラ

クリーニングパンダは、高級素材が使われたキャップでも対応可能です。

カシミヤやアンゴラ素材にも使用できる高級石けんを使用しており、クリーニング時にキャップを傷めません。

また、帽子につけられるクリーニングオプションがかなり多いです。

プレミアム汗抜き加工、プレミアム汗抜き加工・防汚撥水加工・プレミアムカビ取り・特殊シミ抜きがあり、好きなものだけ追加できますよ。

リナビス

リナビス出典:https://rinavis.com/
最低料金 2,860円(税込)/ファッション小物3点
最短仕上げ日数 最短5日
保管サービス 最大12ヶ月
送料 無料
パック・単品 パックのみ
再仕上げサービス 到着後1週間以内
対応エリア 全国
発送方法 自宅集荷・コンビニ
支払い方法 クレジットカード・代金引換・後払い決済(NP後払い)

\最大12か月無料保管!/
リナビス公式サイトはコチラ

リナビスでは、ファッション小物コースが用意されています。

帽子だけでなく手袋やマフラー、ストールなどを3つ組み合わせてまとめて洗うことができますよ。

熟練の職人が1つ1つ手作業で洗ってくれるので品質も安心です。

さらにコースには抗菌・シワ防止・柔軟・毛玉防止・静電気防止加工が全て無料でついています。

オプションもあり、汗抜き加工・カビ抜き加工・はっ水加工の3つから好きなものを追加できます。

キャップの汗を放置しないのが汗染みを作らないコツ

キャップの汗染みができたら、なるべく素早く手洗いで落としましょう。

手洗いでは、洗濯機で洗うよりも細かい部分まで洗うことができるため、汗染みを効果的に落とすことができます。

また、洗濯機で洗うとキャップの形が崩れる可能性が高いため注意が必要です。

汗染み対策としては、以下の方法が有効です。

  • 防水スプレーをかける
  • ヘッドバンドをつける
  • 重曹を振りかける
  • 定期的に洗う

市販のスプレーよりも効果の高い撥水加工を付けたい場合や、洗う時間が取れない方は、宅配クリーニングの活用をおすすめします。

クリーニングの撥水加工は市販のものより長持ちしますよ。

クリーニングのプロに洗ってもらえばキャップを傷めず、汚れはしっかり落とすことが可能です。

宅配なら自宅から送ることができるので、忙しい方でも手軽に利用できますよ。

キャップは定期的なクリーニングを行って清潔に保ち、汗染みができないようにしましょう!

ABOUT ME
WashTimes編集部
宅配クリーニングのオススメ比較から、日常の洗濯に関するお役立ち情報まで、“清潔な暮らし”を提案する総合情報メディア。
スマホで簡単、宅配クリーニングなら『クリコム』
クリコム